JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

あなたのために何ができるかを考えた結果

  • 2023.01.14
  • 芳賀 和樹

内見アドバイザーとして

今日は、志木駅でお客様と待ち合わせをして、新築戸建の内見に行った。いつもと違う点は、営業の立場ではなく従兄弟の立場。理由は、弊社が間に入ることができず、サービスの一貫でアドバイザーとして同席。さっそく売主業者の店舗に行き、希望の物件をピックアップし、4件見に行くことになった。

1件目はまだ未完成物件で、周辺環境を見るために行った。決して悪くはないが、近くにスーパーやドラッグストアーがないことや、地名に「水」や「貝」の字が入っていること、最寄駅から坂になっていることをふまえると、選択肢としては厳しいと思った。2件目は既に完成済みで、3棟見ることができた。室内は、3棟とも違う作りで、比較するには、とてもわかりやすかった。強いていうなら、大きな空き地や、地主の家があるときは、将来その土地に建物が建つことを、想定内にしておかないと、痛い目にあうことになりそうだ。

お客様にとって、、

3件目は、8割方完成している物件だった。真隣が畑だったので砂埃が気になる点以外は、道幅、周辺環境などすべて良かった。そして最後の4件は今日1番の物件。目の前に小さなきれいな公園があって、接道や道幅も広く、住環境もとても良好。室内は、リビングがとても広く、さらに回遊動線(ぐるりと回れる)になっているので、開放があり使い勝手も良い間取だった。

今回は、違う角度から内見した結果、よりお客様の目線に立つことができた。正直、不動産屋の慣例により、おかしなところは多いですが、お客様のために、何ができるかを考えた結果こうなりました。私の行動が良かったのか、悪かったのかは分からないが、出来れば身元をすべてあかしたほうが、気持ちがよいので、新築戸建をメインで行うことはないが、この辺りはゆっくり考えたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.01.07

今年の目標は自分らしく
芳賀 和樹

2023.12.15

上野毛シティハウス ノーステラスの室内確認
芳賀 和樹

2023.04.03

不動産の買い取り方法についてのお話
芳賀 和樹

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.