JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

ワンルームマンション

  • 2023.01.20
  • 藤居 琢也

■ワンルームマンション投資物件のサブリース契約でお困りのお客様のご対応

先日の買取も含めた1Rマンションのご整理の反響のお客様からのご返信対応。
どうやらサブリース契約の契約書ももらっていないとの事。ヒドイ状況です。
新築1Rマンションをご購入されたものの、メリットを感じられずにご整理をお考えとのご様子。
契約の解除もどうすれば良いかとのご相談でした。
契約書を取り寄せていただくことが先決であり、売契には解約条項の有無も重要な為、対応策をお取り寄せいただいてからお話しさせていただくこととなりました。

実際にお仕事になるかは分かりませんけど、お困りごとを一つでも解決したいですね。
借地借家法により、賃借人様と同等の権利がサブリース会社には存在することが判例で出ておりますが、個人的には違和感があります。
借主は不動産のプロなのにも関わらず、一方的な家賃の値下げが横行し、契約の解除も出来ないと言うのも変ですよね。
いつか社会的に大きな問題になる気がします。

■ワンルームマンションで住宅ローンを組んで購入されたい方からの反響のご対応

弊社でお預かりしている「ロザール大宮」と言う物件に、お問い合わせが届いた。
1986年12月築、16.11㎡、大宮駅9分。
一般的には投資用物件と認識される物件。

ただ、こちらのお客様はご自身でお住まいになられる為に住宅ローンを通して欲しいとのこと。

住宅ローンは基本的には優良な居住用不動産を流動化させるために融資付が行われており、専有面積が50㎡以上または40㎡以上の金融機関が多い。

一部の金融機関では30㎡でも検討してもらえるが、16㎡となると話は変わる。

しかし、求められれば最善を尽くすのが我々のお仕事。
明日のお電話のお約束をさせて頂き、窓口を探しスタート。
やはり無担保住宅ローンしか無さそう。
候補としては、青木信金さん、千葉銀行さん、東京東信用金庫さん、山形銀行さん辺りだろうか。まだ通した事は無いが、チャレンジしてみたい。

本日は、何故かワンルーム関連のお話が多い日でした。

一覧に戻る
関連記事

2023.12.15

お褒めの言葉を頂けた日報ブログ
藤居 琢也

2023.04.24

天才と不動産屋
藤居 琢也

2024.01.12

取材を受けたリノベのお客様
藤居 琢也

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.