JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

プロが誕生しました。

  • 2023.02.16
  • 新井 健史郎

家に届いたハガキ

 

待ちにまったハガキがついに家に届いたと、実家の母親から連絡がありました。内容は宅地建物取引士の登録が完了したとの通知。ハガキを読むと、証明写真と申請書を「千葉みなと」の協会へ提出して、1週間ほどで取引士証が交付になるとのこと。今日は申請書を記入したり、証明写真を撮りに行きました。

申請書に会社の情報を記入を行い、他の記入欄を埋めていたところ、「登録番号」の欄が分からず困惑。何を書けばいいのかわからずに探すと、届いていたハガキに「(千葉)第078627号」との文字を発見。契約書や重要事項説明書で出てきた見覚えのある記載が。この番号が自分の取引士としての番号だと気づくまでに時間がかかってしまいました。

 

出来る業務が増えました

 

売買の購入時に行う、重要事項の説明をこれまでは事務の青木に依頼しておりました。今後は自分で出来るようになるのが、今回1番変わることだと思います。業務としてはそれ以外は特に変わりませんが、気持ちは全然違います。これまで名刺を渡すときに変な劣等感のような申し訳なさがあったので、改善ができて良かったです。また、自信にも繋がっていると感じてます。

 

自分で行うとなると緊張感もありますが、早く慣れるように頑張ります。何度も繰り返し行えば、契約、決済と同じように説明は慣れると思うので、まずは出来るだけ場数をこなします。今のところ、まだ契約の予定がないので初めての読み合わせを行えるよう、まずは契約を目指して頑張ります。資格を奇跡的に取れたと今でも思っているので、少し頼りないですが、増えている部下の業務サポートや、勉強面でもサポートしていきます。

 

一覧に戻る
関連記事

2023.07.22

無事に購入できますように
新井 健史郎

2023.01.28

「査定は客観的に」
新井 健史郎

2023.07.13

ゲキアツな飛び込み営業
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.