JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

ここからはじまる小さな一歩

  • 2023.02.19
  • 芳賀 和樹

即行動、これが私たちの強み

昨日の日報にも書きましたが、売り仲介の売却依頼をいただけるように、営業電話を行いました。物件の成約状況や売出中の物件を確認してから電話営業開始。数分後、早くも部下が、リズム良く売主さまと会話をしていた。地元が同じことや子供が生まれる話で盛り上がっていた。電話を切った後、状況を聞くと相手はご年配の方で、コロナが気になり、まだ売却活動ができてきないらしい。家族にもまだ相談していないので、少し時間がかかりそうとのこと。

さらに、話を聞くとどうやら、売主さまは携帯を持っているが、身内から不携帯電話と揶揄されるぐらい電話に出ないらしい。これでは、次の電話に出てもらえません。それを聞いた私は、ここはメールではなくて、手紙だと伝えました。そして、手書きのメッセージも添えて欲しいと指示。もちろん、正解はないが、何もしないよりした方がよいし、お客様との繋がりにおいて、まだまだ手紙はツールとして活躍しそうです。

本音がポロリ

午前中は2人の営業が電話まわして感触を確認。すでに媒介を結んでいる方や、契約になっている方もいました。一方、住み替え先が決まっていない理由から、まだ、売却後活動をしていない方も数名おられました。実際やってみて、手応えはあった。可能性よ感じたので、早めに結果を出したいと思います。

新入社員の蒼もロープレ後数本電話をうちました。緊張してると私が聞くと「緊張感しています。電話でないで欲しいです」と本音がポロリ。間髪入れずに「ダメじゃん」のツッコミに一同大笑い。結果はひとりも繋がらなかったが、売り仲介と新入社員の蒼の小さな一歩を踏み出した1日でした。

 

 

 

一覧に戻る
関連記事

2023.07.05

段取り8割と心地よい1日
芳賀 和樹

2023.05.15

Lステップ導入についての相談
芳賀 和樹

2023.05.13

訪問査定の前に、動画で査定書の説明しました
芳賀 和樹

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.