JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

賃貸申込手続きから考えるアナログからデジタルへの変化

  • 2023.02.21
  • 事務員・青木
thumbnail

「賃貸決まりそう。」のお知らせ

株式会社TwinCompanyでは売買賃貸などで動きがあった際に、LINEで情報共有されることが多いです。

ピコンと通知が鳴ったのは昨日。待ちに待った空室物件の「賃貸決まりそう。」のお知らせ。
事務員青木は事務なので、賃貸も担当しています。

こちらの物件は不動産屋御用達の業者間専用サイト「東日本不動産流通機構・レインズ」にも掲載していましたが、管理人常駐物件でしたので、管理人さんにもお声がけして、入居をご希望の方がいらしたらご案内して下さるようお願いしていました。
株式会社TwinCompany代表の芳賀(@KHT48akihabara)から、管理人さんにもしっかりと対応するようにと指示されているので、今回のお話も懇意にしていただいているとのことで、ご案内してくださったようです。

本日、管理人さんから「入居したいそうなので連絡を」とお電話いただいたので、賃貸申込手続き開始となりました。

 

賃貸申込手続きのFAXからメールへの変化

基本的に株式会社TwinCompanyでは賃貸の申込みはアナログツールのFAXを使用しています。
賃貸業者様方から、入居申込みのご連絡をいただきFAXで申込書を送付、必要事項を記入してた後、身分証を添付してご返送していただきます。

しかし、今回の方は管理人さんからご紹介いただいたのは個人の方。
FAXをお持ちでないと思い、「従来通りFAXで」ではなく、お電話でご連絡した際にメールアドレスをお聞きして、メールでの手続き開始となりました。
昨年位から、業者様からもメールで申込書をお送りくださる機会が増えており、株式会社TwinCompanyでも、近々申込方法を変更する予定となっております。

デジタルツールの活用を少しづつ増やし、お客様のご負担を減らしていくよう環境整備は進みます。
アナログからデジタルへの変化をしみじみ感じつつ、本日の日報は終わります。

一覧に戻る
関連記事

2023.11.02

「会社メールをGmailでも使える設定」の3乗
事務員・青木

2023.12.15

連絡は電話とLINEでのやり取りで
事務員・青木

2023.09.08

送金チェックとファイル整理
事務員・青木

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.