JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

90平米超え物件を3件ご案内

  • 2023.03.17
  • 新井 健史郎

自社物件のご案内

先日、スーモからお問い合わせをいただいたお客さまを自社物件へご案内。マンション前でお待ち合わせをおこなうと、ベビーカーを押しながらご夫婦がいらっしゃいました。同じマンション内で3件販売中のリノベーション物件があり、内2件が自社の物件。金額や内装、間取りも全て異なるので、同じマンションではあるが比較対象にはなりやすいと感じた。

まずは一般的なリノベーション、その後に内装費用をかけて設備のグレードを上げたリノベーション、最後に120平米ある1番広い家具付きのお部屋を内見。家具付きだとゆっくり室内で話せるため、資金計画や物件のご紹介もしやすいと思い、このような順番で案内を組みました。内見しながら、現状の間取りや平米数、これまでの内見歴や希望物件をヒアリング。話をお伺いさせていただく中で、お客さまが今回お問い合わせをしてくれた経緯などが見えてきました。

見た目よりも使いやすさ重視

これまでは新築に近いマンションの内見をされておりましたが、お客さまは新しさよりも室内の使いやすさ、部屋の広さを重視されているように感じました。今日の物件は全て90平米を超えます。新築では中々ないですね。お子さまのお部屋が小さくならないようにとのお言葉もあり、将来的に生活されるご家族の事を考えられている気持ちが伝わりました。内見中に0歳のお子さまへ語りかけるご主人さまの姿を見て、僕の心も温まりました。

また、自分でも気付いていなかったメリットに気付く場面もありました。自社物件の1部屋が玄関を広く使っており、ベビーカーを畳まずに玄関へ置いておける点です。実際に他のお部屋を内見した際は、廊下へベビーカーを置いておりましたが、玄関が広いため、室内に置いておくことが出来ました。自分達で考えた間取りや内装プランに対して、自分でご案内してお客さまの生の声を聞かせてもらえるのは、とても嬉しいことだと感じました。発見や生の声も楽しみながら、引き続き購入のサポートをおこなっていきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.07.20

みやぎんをご存知ですか?
新井 健史郎

2023.10.26

最終金額は悩みます
新井 健史郎

2023.12.28

今年を振り返ると
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.