JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

準備がすれば良いするほど、期待は大きくなる。

  • 2023.03.18
  • 芳賀 和樹

不動産業も確認作業が多いです。

今日は、明日のご案内予定の物件の準備をしました。まずは、売主業者さんから送られてきた物件資料に目を通しながら、問題点がないかを確認していきます。修繕積立金の値上がりや総額、修繕履歴や告知事項がないことを確認した後は、耐震調査結果と耐震基準適合証明(住宅などの建物の耐震性が建築基準法で定められた耐震基準をみたしているかを照明する書類)を確認しました。

その他にも謄本(法務局で管理している公の帳簿)に目を通して、いつ頃買ったのか、どこで融資を受けているかも確認しました。関係証明もあったので、固定資産税の金額を算出し、図面に書き込みを行いました。当社もリノベーションの買取再販を行っているので、謄本の情報を見れば大体いくらで買っていくらのリフォームしているかというのも見当がつきます。この辺りもお客様にお話しできればと思います。

融資の確認も営業の仕事です

その後は、資金計画書の作成に取り掛かりました。今回の物件は旧耐震ではあるものの、適合証明を取得しているので、金融機関の選択肢は何社もご提案できます。ただ年収によって融資額が異なります。今回はより多くの借入を望んでいるので、山口銀行で資金計画書を作成しました。ポイントはローン年数が40年で組めて審査金利が2.15%、さらにガン団信が付いている点です。非常に条件が良く、出来るだけ多くの融資を受けたい方にはオススメです。

もちろん、お客さんによっては、金利を1番に考える方もいますし、メインバンクを使用されたい方もいます。お客様の状況に応じて、ご希望の条件の中から最適な銀行をご紹介します。実は、こう見えてもCFP(ファイナンシャルアドバイザー)や住宅ローンアドバイザーの資格を保有しています。座学から学ぶ、現場で学ぶどちらも大切だと思っております。より多くの人に喜んでもらえるように明日も頑張ります。

一覧に戻る
関連記事

2024.01.27

第7回目の交流会でやったことと起こったこと
芳賀 和樹

2024.01.16

また会いたいと思える方
芳賀 和樹

2023.10.15

宅建当時の心模様
芳賀 和樹

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.