JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

どこのご家庭にもある不動産のお悩み相談

  • 2023.03.26
  • 藤居 琢也

ご年齢と共にお考えになる不動産の節目

遡る事約6年前よりお話をさせて頂いているM様。約半年ぶりにゆっくりとお話しをさせて頂きました。元々は、M様ご所有のワンルームマンションのご整理の件でお話しさせていただいた事がキッカケ。当時、少しご整理をご検討されたものの、売却を見送られた。しかし、定期的にお電話をさせて頂き、ワンルームマンションのご整理に限らず不動産に関する色々なご相談に対するお話をさせて頂いてきいます。

そんな中、数年前よりご自宅のマンションとご実家の戸建て及び農地についてどのようにご整理またはご活用されるのが良いかと言うご相談を受けておりました。既に現在ご夫婦でお住まいの駅前のマンション以外にもご子息様との二世帯住宅をご所有であり、何かあった時のご準備は整われていらっしゃる。更に、ご実家は近くにおありで、ご親族の方々が周りを持たれていて、広めの農地付きとのこと。幸い青地(農業振興地域内農用地区域内農地)ではない為、農地から転用は可能。

私に出来るのはただ聴くこと

ご相談内容は実際に3つのお住まいを行き来されているものの、ご年齢と共にご夫婦お二人だけで3つのお住まい用の不動産は手に余る事。後々を考えて不動産はご整理されて行きたいと思われている事。売るとしたら管理費や修繕積立金が高くなってきているので、今のお住まいのマンションをご整理対象として、二世帯住宅にお引越しする事を考えている事。ただ、二世帯住宅だとお子様夫婦に気を使って大変ではないかと悩まれてる事など。

M様に限らず長くお話をさせて頂いていると、このようなご相談は良くお受け致します。ただ、今回もそうですが私に出来る事はただ聴く事。答えがある問題では無い為、誰かに話していただく事でご自身の中のお気持ちをご整理して頂く為のツールになる事が私の使命です。お住まいには、それまでの思い出や生活の快適性など損得では推し量れない事が多くあります。無論、私からも幾つかの選択肢はご提供させて頂きますが、やはりお話の中からお客様がご決断に至って頂くことが多く、そのタイミングもバラバラです。焦らず、じっくり、これからも良き聴き手として、お客様に尽くして行きたいと思った一日でした。

一覧に戻る
関連記事

2023.07.28

実は人気?訳あり物件
藤居 琢也

2023.05.25

私の中のパラダイムシフト
藤居 琢也

2023.01.13

にっぽう開始?
藤居 琢也

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.