JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

会社によって強みがある

  • 2023.03.27
  • 新井 健史郎

物件の買主さまは不動産業者さま

今日は自社で持っている物件を他社の業者さんに購入してもらう契約がありました。購入していただいた業者さまは代表芳賀と知り合いの社長さまの会社。弊社の事務所で何度かお会いしたことはありましたが、ちゃんと話をしたことや会社に行くのも初めてだったので良い緊張感もあった。先方の会社に着いてまず広さにびっくりした。ビルの2部屋を所有されており、広い部屋に10名ほど社員さんの姿もありました。弊社と比べると倍ぐらいの広さがあり、新鮮な気分になった。

契約書等にサインをもらい終わった後、コピーや物件資料をお渡しした。手付金を受け取り、今回の物件の話になった。社長さまからは、「物件が良かったので社員で取り合いになっていた」とおっしゃってもらえて、うれしかった。また、自社では扱いが難しい物件でもあったので、購入していただけて助かった。今回の業者さまは投資家のお客さまと繋がりが多いため、購入していただけたとのことだった。

視野を広く持つために

今回、契約に至った経緯の始まりは芳賀の一言だった。案件の報告をした際に、知り合いの業者にも聞いてみて欲しいとアドバイスを受け、実際に相談したところ良い金額を付けてもらえた。自分でも複数社へ相談はおこなっていたが、良い回答はもらえていなかった。芳賀になぜ知っているのかを聞いたところ、会社の特徴や強みを把握しているからとのことだった。

同じ不動産を扱うにしても、土地をメインで扱っている業者、マンションを扱っている業者、ワンルームを扱っている業者、特定のエリアに強い業者など会社によって強みがある。確かに弊社で考えても購入している物件は川口市や江東区が多い、そして相場も分かるので強気に査定を出来る。会社ごとの事業内容や特徴を管理していくことは、自分の数字にも繋がることなんだと考えさせられた。不動産業者さんとお会いした際は、このような情報を集めながら取り組んでいきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.05.27

複数の物件を見に行き、条件を整える
新井 健史郎

2023.01.16

2度目のYouTube撮影
新井 健史郎

2023.03.02

電話営業スタート
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.