JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

困ったとき助けてくれたのは信金さんでした

  • 2023.04.14
  • 川畑 亮馬

住宅ローンについて

先日、M様の住宅ローンの審査が通り、本日団信も無事に終わったため、問題なく決済が行えることになりました。今まで仲介してきた中でも、僕がやったことが無い、初めてのケースばかりだったため、新たに学ぶ機会が多く、成長させていただきました。住宅ローンは、お客様の年収や状況によって、融資してくれる銀行が変わってくるため、数多くの銀行を知っていないと、より良い提案ができないと思います。

M様の場合は、所有している物件を売却&調停中&購入物件が30平米以下とかなり、特殊なケースだったため、銀行探しに苦戦いたしました。ネットの情報や銀行担当者が言う、銀行が提示している条件に収まっていたとしても、実際に入れてみるとダメだったりし、経験してみないとわからないなと感じました。M様には、最後まで一緒に動いていただいたおかげで、東京東信用金庫で融資が受けれることになりました。決済は来月ですが、最後までサポートできればと思います。

一番最初の仲介

今思えば、人生最初の仲介したときも、融資の時も、青木信用金庫でした。その時は、仲介を始めたばかりというのもあり、右も左もわからない状態でした。一度も銀行に入れたことがなかったため、開拓から始めていました。物件が地上権ということもあり、融資できる銀行がわからないとき、上司の嶋村が探し出したのが、青木信用金庫でした。

やはり銀行を知るというのは、かなり強みになります。もちろんいつもの銀行で行うと、担当と仲良くなったり、手続きも覚えられるので、めちゃくちゃ楽です。ですが特殊な物件が来る可能性も予想し、ある程度は知っておく必要があると思います。営業としてお客様に住宅ローンについて聞かれて答えられないのはダサいと思います。以前、少し癖がある物件を案内している時に、融資できるローンを聞かれましたが、答えることができず、濁すことで精一杯な自分がいました。住宅ローンは任せてくださいと胸を張れるよう、精進していきたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2024.04.29

連休前の契約
川畑 亮馬

2024.03.30

川と海だけじゃない!
川畑 亮馬

2023.07.04

マインド管理の大切さ
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.