JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

営業する時間を作る

  • 2023.04.21
  • 嶋村 友章

営業をするというミッション

今朝、代表の芳賀から「内容はなんでも良いので営業をしてください。とにかく量です。」というミッションと、その内容についてのヒントがLINEで送られてきました。それに対しての結果は、全然行動量が足りてなかったです。自分が取った行動としては、レインズに出ている仲介物件の買取金額の査定をし金額をぶつけていくことです。同じような価格帯の物件で、表示価格よりも500〜800万下の買取価格で3物件に電話しました。

物件を売却している担当からすると、突然の電話の中でぶっきらぼうに金額を販売価格よりも大きく下げて話をされてもイラッとします。かと言って、周りくどく長々と遠回しに話をし、最後に低い金額を言われてもイラッとします。自分の場合どちらの立場にもなるので、私の場合、自分がされても許せる話し方の構成で金額交渉をしています。具体的には、電話の第一声に全集中します。そのニュアンスで電話口の相手が忙しいのか余裕があるか状況判断することが1番大事だと思います。

修正能力と発想力

金額交渉をする時点で、相手から返ってくる反応は予め予想できるので抵抗はありません。しかし自分の場合は、やっている事柄の修正に時間がかかります。その点、芳賀は修正能力に長けております。いつも芳賀とは、やっていることに対してうまくいかないことなど報告することからミーティングが始まり、その話の中で改善策が大体でてきます。それが分かっているので、例え文句を言われようとも自ら相談するのが私の強みかもしれません。

今回も、芳賀から大ヒントをもらいました。私の常識では、仕入れられそうな物件を探すのはレインズからという固定概念ですが、一般の方が見るスーモやホームズからレインズに載ってない物件を探すという内容です。確かに今日、自社物件を売るためのリサーチをしていて、スーモには載っているが、レインズには載ってない物件がありました。早速このやり方を試したくなり、今からワクワクしております。

一覧に戻る
関連記事

2024.04.16

タワマンの現地調査
嶋村 友章

2024.01.20

ニュースレターと営業
嶋村 友章

2023.11.29

大切なのは情熱
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.