JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

不動産は生活スタイルにより変化するご資産

  • 2023.04.25
  • 藤居 琢也

K様からのお問い合わせ

2年程前に物件のお問い合わせを頂いたお客様。当時ご相続で取得された戸建のご自宅をご整理されて、マンションへのお住み替えをお望みとの事で物件のご紹介を別の担当者が行わせて頂いておりました。しかし、当時はご希望の物件はご予算に合わず、ご購入を見送られたとの事。時は流れ、昨日弊社宛にお問い合わせを頂きました。ご要望はリースバックやリバース60の広告を見たので教えて欲しいとの事。

まずは何故そちらの制度をご利用されたいのかと言う事をお伺い。ご理由は自由に使えるご資金で遊ぶお金が欲しいとの事。ご両親は他界、元奥様とも離婚され、お一人になられているので資産を残したく無いとの事。このケースの場合、住宅に関する資金では無い為リバース60のご利用は難しく、リースバック、もしくは不動産担保ローンのご説明をさせて頂きました。しかし、返済目処の無い資金であれば不動産担保ローンはオススメ出来ない。

お住み替えのご提案

そこで、「今のご自宅をご整理され、お安い物件に住み替えられた方が良いのでは無いでしょうか?」とご提案をさせて頂きました。すると、実は4年前までは茨城県に住まれており、生前のご両親のお手伝いの為にご実家に住まいを移されて来た経緯があるお話をお伝え頂けました。よって、茨城でお住み替えをして、お手元に資金が少し残せるのであれば考えたいとのお話に発展。細かなご希望条件をお伺いし、早速物件を検索。

真っ先に発見した物件は3DKフルリノベーション済300万円のお部屋。安すぎますね。早速売り元業者様にお問い合わせ。するとどうやら反社の方の事務所が同じ階にあるマンションと判明。安いわけです。やはりK様のご反応はNG。代わりに、リフォーム済み500万円のお部屋に興味を示して頂けました。お仕事も茨城であれば支店間を移動するだけで問題無いと前向きなご反応。今後次第ですが、ご提案に努めて参りますので、K様よろしくお願い致します。

一覧に戻る
関連記事

2024.01.31

ご案内希望は物件が目的じゃ無い?
藤居 琢也

2023.05.27

資産運用のご相談
藤居 琢也

2023.10.03

事務作業から提案は始まる
藤居 琢也

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.