JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

部下のプレゼンを聞いて思ったこと

  • 2023.04.29
  • 芳賀 和樹

厳しい結果かも、、

今日は部下に仕入れた物件のプレゼンをしてもらいました。リフォーム内容や過去の取引事例や仲介会社のヒアリングなどを交えて5分ほどの説明でした。内容を聞いて少し物足りなさはありましたが、やってみることが大事なので良かったと思います。強いていうなら、現在の相場をもう少し意識しても良かった気がします。指標の数字が古るくリノベーションの見立てが少し甘かった点は今後の課題です。プレゼン文化の少ない当社では今後、このような機会を増やしていきたい思います。そして、彼だけにやらせるのはどうかと思い私も考えました。プレゼンという形式ではなかったですが思っていることを言いました。

今までは、作れば売れる時代でしたが、今はそうではなく、リノベーションの物件を作っても良いものでないとなかなか売れません。ですので、作る側が自分でも住みたいや、自信のあるものでないと現状は厳しいです。これは営業も同じことで、如何にあなたの為がないと伝わらないと思います。

やっぱりリノベーションでいきます

少し語気は強めにはなってしまいましたが、市況についてや会社の状況を説明しました。とは言え、将来のことはわからないので最終責任は私ということでリノベーションのゴーサインを出しました。やはり、私も言いたいことを言った方が後腐れがないのと、何にも言わずに悶々とするよりかは、思ったことを言った方が良いと思いと改めて思いました。

明日からゴールデンウィークですが、各々案内が入っています。そして今日も夜遅くまで働いているので、なんとか結果が出るようにしたいです。市況がどうであれ、大きな結果を出すために、できることをコツコツやっていく、ようやく自分がやっていく。まさに「めんどくさいことを続けた人が勝つ」現在、私の熱量が上がっているので休みは私も最前線で営業していきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.01.28

買付証明書と小さな幸せをいただきました。
芳賀 和樹

2023.03.18

準備がすれば良いするほど、期待は大きくなる。
芳賀 和樹

2023.03.22

これからは営業もしていきます。 
芳賀 和樹

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.