JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

物件案内にて

  • 2023.05.10
  • 嶋村 友章

成増の住みやすさ

本日は地下鉄成増駅から徒歩10分のマンションのご案内。が、蓋を開けてみると駅構内3分、地上に出てからマンションまで14分と、図面に書いてある時間よりもだいぶ遠かったです。しかも、坂が多く平坦な道に比べ、体感的には地味に時間がかかった。事実と違うと心証は良くないので、自分も図面作成の際は気をつけようと思います。

とは言っても、池袋から15分という交通の便の良さは素晴らしく、東京メトロの駅も東上線の成増駅も使えるので、勤務地が池袋の方にとっては通勤しやすい駅だと思いました。実際、今日案内させていただいたお客様も、物件が条件に当てはまった上で、池袋が勤務地だからこそ選んだエリアでした。駅前の西友が24時間営業に業務スーパー、飲食店も多く、マンションまでの道のりにはニトリもあったので住むには困らない便利な街だなと思いました。以前、成増は案内したことがありますが、同じエリアでも場所が違うとじゅん散歩の高田純二のように新しい魅力を発見できることもこの仕事の面白い所です。

物件の気になるところ

肝心の物件は築40年と決して新しいマンションではないですが、しっかり管理されており、マンションの下にはスーパーとクリーニングがあり良いマンションでした。マンションもフルリノベーションで、エアコンも2台付いてるので引越し後に自分で買う出費も抑えられます。お客様に気になるところを確認すると、リビングのちょうど真ん中の位置に室外機が2台積まれているのが気になるとのことでした。避難ハシゴの場所と配管の位置からやむを得ずそこに配置したと思われますが、室外機が目立つ位置にあると視界に入ってくるのでやはり気になってしまいます。

お客様が結果的に購入する決心をされる物件の場合、いつも一目惚れかのように気にいってもらえることがほとんどです。せっかく内見に来ていただくので、ただ条件だけを聞いて物件情報をお送りするのではなく、お客様の好みや求めていることをしっかり把握し提案することがお客様の為になると思いました。

一覧に戻る
関連記事

2023.12.23

高円寺で不動産業者が集まる会
嶋村 友章

2023.04.15

何を、誰にが大事
嶋村 友章

2023.07.09

スーモのみ掲載の物件を内見させてもらう方法
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.