JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

日報ブログの書き方について

  • 2023.05.14
  • 嶋村 友章

夕方に日報を書き終えている事に驚愕

代表とのふとした会話の流れから日報ブログの書き方の話になりました。というのも、本日芳賀は訪問査定に行っていたのですが、夕方に帰社して雑談中に「今日はもう日報が終わった」と言っていて、とてもびっくりしました。なぜ、この時間に終わっているのか不思議だったので聞いてみると、交渉後に行ったラーメン屋さんで注文が来るのを待っている間、8割がた日報の内容を書き終えたそうです。待っている間で8割も書き終えたと聞いて、さらに驚きました。よっぽど、長いあいだ行列待ちをしていたのかどうかは定かではありません。

どのように書いたのか、書き方を具体的に教わりました。芳賀曰く「交渉の話の内容を1分間切り取っても書ける」とのことでした。見られたときに人から文章をよく見られたいと思うと、言葉に悩んで時間がかかってしまうので、起きたことをありのまま書くだけだそうです。そもそも昨日、自分が日報ブログをアップしたときに芳賀からLINEでブログについての訂正と、株式会社グラウンドの鈴木社長に芳賀が以前、日報ブログの添削をしてもらった動画を共有してもらいました。

基本に忠実に

添削動画を見て思ったことは、最初は教わったことをそのまま実行していたものの、気づいたら自己流になってしまっておりました。まず、一日を振り返って何をやったか出来事を書き起こす。その中から書くテーマを決める。ブログ自体のタイトルを決め、前半と後半パートの見出しを決めてから書く。

いつからか、本文を書き終えてからタイトルをつけてました。今日はタイトルと見出しを考えてから書いたので、書く内容が決まっている分スラスラと文章がでてきました。そして今まで、前半と後半で全くつながりのない内容を書くこともありました。それだと読み手が、もっと読みたいのに話が終わってしまうのでつまらないと、芳賀から理由を聞いて納得しました。今までは、社内以外の人が書いた日報を毎日見ることは少なかったですが、今後は他社さんで書いている方の日報も見て、良いところを取り入れていきたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.10.01

丁寧な仕事を心がける
嶋村 友章

2023.03.06

日報ブログの書き方セミナーを見た
嶋村 友章

2023.09.15

インタビューにて衝撃的だった事実
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.