JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

トラブルを未然に防ぐために

  • 2023.05.20
  • 新井 健史郎

物件のご案内が入りました

お客さまから媒介をいただいている物件にお問い合わせがあり、急遽ご案内へ行ってまいりました。エントランス前でお待ち合わせをして、共有部、室内をご内見。これまでは売主さまもお住まいでしたが、空室になってから初めてのご案内でした。空室になってからは問い合わせ数も増え、先週から今週にかけて3組ご案内と順調に進んでおります。ご案内したお客さまも室内を気に入っており、検討していただけることになりました。

室内はクリーニングのみで直ぐにお住まいになれるくらい綺麗でしたので、お客さまからも「何歳ぐらいのお子様が住まれていたのですか?」とご質問がありました。実際に住まれていたのが小さいお子様と知るとお部屋の綺麗さにびっくりされておりました。確かにフローリングや壁など全く気にならないぐらい綺麗なので、大切にお使いいただいていたことが伝わりよかったです。

もう一つの課題が

売主さまからお引っ越しの際に、シャワーの部品がないとご連絡をいただいておりました。実際に現地で確認をおこなったところ、シャワーの付け根の部分と蛇口の部分をつないでいるものが足りていない状況でした。すぐに確認すると、入居後にシャワーを取り換えており、もとに戻そうとしたところ部品を紛失してしまっていたとのことでした。

そのままでは引き渡しが難しいので、さっそく説明書などを読み確認をおこないました。すると確かに足りていなかったのでこちらは補充することになりました。お引渡しの前に状況が把握出来て良かったです。このようなことが決済の前に起こってしまうとトラブルになってしまう危険もあると感じました。売却の担当をする際は、室内の設備で変えられているものがないか確認も必要ですね。仲介業はこのようなトラブルを未然に防ぐことが大事だと思いました。買主さま、売主さま、どちらも気持ちよく取引が出来るよう、引き続き取り組んでまいります。

 

一覧に戻る
関連記事

2023.04.18

選択肢を広げられるように
新井 健史郎

2024.03.10

無駄なことはありません
新井 健史郎

2024.01.08

購入の契約が決まりました
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.