JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

1番手にならないと意味がない

  • 2023.05.23
  • 川畑 亮馬

お申込みをいただいたが…

昨日、日曜日にご案内したU様より、買付証明書をいただき、お申し込みをしました。物件購入する場合は、現金で購入するのか、住宅ローンで購入するかの2パターンに分かれます。現金購入の場合は、買付証明書を売主様に提出するだけで、物件を押さえることができますが、住宅ローンを利用して購入する場合は、買付証明書と住宅ローンの承認通知が必要になります。今回は、U様の条件がかなり良く、UFJで日曜日にお申込みしましたが、月曜日の昼頃には承認通知を貰うことができました。

ですが、本日売主様へ進捗状況の確認をしたところ、他社のお客様で契約が決まり、購入することができませんでした。同時のタイミングで買付が入ったため、順番の優越はないと言っておりましたが、他社のお客様は、住宅ローンを使わず、現金で購入するお客様でした。現金購入の方が、決済が早かったり、住宅ローン使わないため、ローン特約がない等、第一優先で選ばれるケースは多いです。運やタイミングが悪かっただけなのかも知れませんが、それでも悔しいです。

次こそは他社にとられないようにしたい

案内する物件で、事前に担当者とご連絡ができた場合は、必ず他社の動きや、お申し込み状況を確認してます。知らずに内見し、お客様が気に入ってから、「実はお申込みが入っておりました」や、悩まれているお客様への背中を押す材料になる可能性もあります。今回も売主様に確認しており、お申込みは入っていないが、明日か明後日に現金のお客様で再案内が入るかもという情報はいただいておりました。

そのため、内見前や内見後もU様にお伝えし、お申し込みが入り無くなってしまう可能性もあるのを納得していただいた上で、1日2日考えたいと言われておりました。それでも実際に購入したいという気持ちが叶えられず、悔しい気持ちになりますし、U様もショックを受けておりました。気持ちの部分はどうしても思ってしまいますので、次はU様のご希望を叶えられるよう精進していきたいと思います。人的ミスで物件取られちゃいました…だけにはならないように動きます。

一覧に戻る
関連記事

2023.06.02

南砂住宅の契約でした
川畑 亮馬

2023.12.18

会話が何よりも大切
川畑 亮馬

2023.12.10

宝探しです。
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.