JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

人の学びをパクる

  • 2023.09.09
  • 川畑 亮馬

人の日報で学ぶ

本日は、朝1に代表の芳賀から、弊社営業の藤居の日報をみて、400文字以上思ったことをまとめるという課題がありました。日報を始めた頃は、いい書き方がないかや、パクれるところがないか等、他営業の日報も読んでおりましたが、回を重ねるごとに慣れ始め、読まなくなっておりました。見て読んだとしても、そんなことあったんだと思うだけで、流し読み見たいな形で、頭の中で考えたり、深掘りはしていなかったなと思います。

今回は400字以上感想を書かなければいけなかったので、「どんな流れだったのか」「どんなストーリーだったのか」「どんな気持ちだったのか」等を理解し、自分が思ったことや気づきを自分自身の言葉でまとめる必要があります。最初は難しいかなと思っておりましたが、実際に読んだみると、藤居さんが売れるのには理由があり、だから売れるんだな、、とすぐさま思いました。

わざわざ感を感じる

一言で日報をまとめると、『わざわざ感』が営業にとってなにより大切なんだなと思いました。今回は動画のお話でしたが、お客様の立場で考えてみると、純粋にありがたく、嬉しいと思います。僕のお客様でも、物件を気にいっていたりすると、検討材料の為に室内を写真で撮ったりします。おそらくそれを後日、見返したりすると思うのですが、そこにプラスして動画があると、お部屋全体の空間や距離感がわかりますし、何より、疑似内見みたいにもなると思います。

もちろんお客様にとって、求めているものや知りたいものが違うので、全て同じようにやるというわけではないですが、藤居さんの日報を読むと、しっかりお客様のことを理解し、どうすれば良いのかと考えて動いているなと感じました。正直、僕はそのレベルまで間違いなく達していないと思います。今回の内容は、お客様にとってプラスにはなることはありますがマイナスになることはありません。純粋にやるかやらないかの話なので、しっかりこの土日でパクり、今よりも良い提案ができるよう心がけていきたいと思います。

 

一覧に戻る
関連記事

2023.10.26

気付かぬうちに、、
川畑 亮馬

2024.03.05

よかったと思えてもらうために
川畑 亮馬

2024.02.22

住宅ローン選びは金利だけじゃない
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.