JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

メモをとっておりました

  • 2023.10.07
  • 川畑 亮馬

さすが大手の仲介

本日は、専任媒介でY様よりご依頼をいただいている、中古戸建のご案内でした。たまたま今日は物件のエリアで神輿を担いだり、祭りが行われており、若干肌寒い時期になってきましたが、夏を感じた1日でした。物件については夏場は、そこまで動きが無かったのですが、9月後半になってから、他社の仲介会社よりご連絡が沢山あり、4件の内見依頼をいただきました。短期間で、ここまで入ることは一度もなかったので、なにか今までと市場の動きが変わったのか?と感じております。

今回、内見した買主仲介業者は、大手のリハウスさんでした。買い側は何度も経験したことがあるのですが、売り側で関わるのは初めてでしたので、良いところがあれば真似しようという気持ちで挑みました。お問い合わせをいただいた時点で、謄本や固定資産税、リノベーションについて等、事前にお客様に聞かれるかも知れない内容をしっかりヒアリングしてきたので、できる営業だなと期待値が上がっておりました。

行動が気持ちいい

実際にお会いして、内見風景を見ていたのですが、担当の動きを見ていて、めちゃくちゃ丁寧で細かいなと思いました。それは、お客様からの担当への質問や、お客様が僕に確認した内容を全てメモにとっており、純粋にすごいなと思い、見ていて気持ちいいなと思いました。しかも、しっかり質問があった内容の場所なども、写真を撮っていたりしており、終わった後、再度お客様からご質問などがあっても対応できるなと感じました。

やはり、お客様の反応や質問内容には、もちろん大事なことが入っているので大切です。それと、さりげない会話でもキーワードが転がっており、その細かなキーワードをお客様を本当に理解することができるのかなと思いました。僕の場合だと、話すのが楽しくなってしまって、どうしても流れちゃうケースが多いと思いますので、お客様が発したキーワードは、意識して拾うようにしていきたいと思います。

 

一覧に戻る
関連記事

2023.10.21

物件掲載から即反響
川畑 亮馬

2023.10.03

考え方は人それぞれ
川畑 亮馬

2023.12.27

説明はわかりやすく行いたい
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.