JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

物件探し

  • 2023.11.11
  • 川畑 亮馬

物件探し

本日は、追客をかねて、お客さんに物件を送っておりました。僕の性格上、お客さんの新着物件を探すのは結構好きで、予定が入っていない限り、朝イチや昼過ぎやある程度間隔を空けて毎日探しております。ですが、新着物件といってもタイミングが全てなので、毎日見たとしてもなかなかお客様の心にときめきそうな物件がなくご紹介ができなかったりする時があると思います。そんな時は、お客様の条件には入ってはいませんが、少しずつ条件を広げて物件をご紹介してます。

そして今回、O様の物件を探していました。O様とはすでに何回もお会いしており、一度内見した物件を気に入っていただきお申し込みまでいただきましたが、物件の水圧の問題で検討外になり、O様には悔しい思いをさせてしまいました。それからは当てはまりそうな物件をLINEでちょくちょく送ってはおりましたが、前回の物件と比べて見てしまうところもあり、内見にはなかなか繋がりませんでした。

反応があると嬉しい

そして本日は、良さそうな新着物件が出てきませんでしたので、ご希望のエリア外でしたが、個人的に良さそうな物件をご紹介しました。そしたら約1時間後に『明日内見できたりしますか?』と嬉しいご連絡がありました。物件紹介は、お客様からこの物件が見たいと言われて内見になることもありますが、やっぱり自分自身が紹介した物件で内見になると、より嬉しいなと改めて感じました。

ただ懸念点としては、内見する2件のうち1件の売主がすでに本日の業務時間が終了していたため、全く物件の詳細がわからないということです。物件資料が手元にないので、少し準備不足で心許無いなと思います。明日は午前中に内見が入って詳細まで確認ができないかもしれませんが、スキマで確認し、案内時にバタバタしないよう努めていきます。やっぱり案内は物件を見たり、お客様といろんな話ができて面白いので、予定があると嬉しいなと改めて思いました。

一覧に戻る
関連記事

2023.05.13

案内の難しさ
川畑 亮馬

2023.12.10

なぜやるのかを考える
川畑 亮馬

2023.06.05

今年で宅建士になる予定
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.