JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

管理解約に伴う鍵回収

  • 2023.12.01
  • 事務員・青木

もしかすると、、、

管理物件の退去立会いあれば、通常であれば募集開始になります。
まずは、退去前に物件の入居前の状態を確認して、退去後の業者さんからいただいた見積書を参照して、どこをどのように内装していくかを、業者さん・所有者さんとやり取りしていきます。同時進行で入居者さんとも内装費用についてのやり取りをして、かかった修繕費用についてはご納得いただいた上で、お早めにお支払いしていただくように、ご案内します。

そして募集。レインズを確認して、該当物件では何件空室があるのか。周辺物件は何件募集されているのか。駅に向かうまで、同じ徒歩圏内には何件募集されているのかを確認して、どの位の賃料で募集開始するのか決定していきます。

今回の物件も募集なので、、、と考えていると「売却するかもしれないからちょっと待って」ということでステイなのかと、また、立会が決まっているのでどうなるか考えながらステイとなりました。

 

やっぱり、そうなので

無事に退去立会は終わりましたが、残念ながら、所有者さんのご判断は管理のご解約とのことでした。売却をお考えとのことでしたので、タイミング的には良かったのかと思いつつ、しかし、鍵が現地に設置してあるままなので、決まったとあれば早速現地から鍵の撤去となります。

立会業者さんから、どこに設置したのかご連絡をいただいたのを確認。その他にも、どの辺りを内装していくのかも念のため確認します。株式会社TwinCompanyで内装はしないですが、後日質問があるかもしれないので、一応頭に入れて、物件に向かいます。現地で鍵を回収して、室内へ入ります。写真で見る印象とさほど変化はなく、一安心。状態もご入居者さんとのやり取りで推測されるように小綺麗にお使いいただいておりました。

管理の解約。後ろ髪を引かれながら室内を後にしました。
「また逢う日まで、、、」と思ったところで、本日の日報は終わります。

一覧に戻る
関連記事

2023.12.18

本丸に入るのに時間がかかったけどイロイロやった日
事務員・青木

2024.02.09

読み取りやすい建築概要書
事務員・青木

2024.01.26

会費と言えば領収書
事務員・青木

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.