JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

残置依頼しました

  • 2023.12.22
  • 川畑 亮馬

残置撤去の見積もり

本日は、昨日訪問させていただきました、T様の物件で、残置物のお見積りを依頼しました。訪問前のお電話の段階で、残置はかなりあるのでとお聞きしていたので、事前に写真の許可を、いただき、依頼した形です。弊社では、リノベーションの仕入れ時に残置そのまんまで仕入れることがあったりします。僕も依頼したことがあり、お付き合いがあった業者含め、3社にご依頼しました。

いつもであれば、あまり考えず決まったところに投げて終わりでしたが、今回は相見積もりをしたくお願いしました。残置撤去業社からすれば、嫌なのかもしれませんが、やはり1円でも安く依頼できるのであれば、そっちの方がいいですし、お客様のためにもなると思います。しかも数多くの中から、良さそうな業者に絞りましたが、全てラインで依頼できる形になっており、写真送れば概算ですぐにお見積りを作ってくれるそうなので、依頼するのめちゃくちゃ楽でいいなと思いました。

現地調査が大切

あまり残置撤去業者とお話しする機会がないので、お客様からご質問があっても答えられるように、どんな感じで見積もりとるのか聞いて見ました。内容的には引越し業社と同じ感じだなと思いましたが、とくに現地調査が重要と言われました。それは物の量はだいたい写真でわかったりするそうですが、残置撤去業者の場合は、買取業務もやっているみたいです。

まだ使えたり、再利用できる物は買取し、その分金額がお安くなるシステムでした。宝物探しではないですが、物がたくさんあるお部屋とかでは、その買取システムで、かなりお安くなったこともあったそうです。なので現地調査はかなり丁寧にやっていると言っており、信頼できる業者だなと思いました。現地調査をしないと、正確な金額が出ないのは当たり前なので、T様に見積もりと担当者の対応含めてお話しして、1番良い形で選んでいただければと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.08.07

お盆前の試練?
川畑 亮馬

2024.01.26

引渡し前確認でした。
川畑 亮馬

2024.01.13

バタバタな週末
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.