JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

説明はわかりやすく行いたい

  • 2023.12.27
  • 川畑 亮馬

イメージさせるために

売却を検討しているお客様に対して、選択肢をイメージさせるために、その準備を行いました。以前から日報では何度かお話ししていたT様の件になります。残置撤去業社の見積書が出揃ったので、そのご説明と、今後どんな形で前に進めていくかのお話をしました。お話を進めていく中で、奥様は現状のまま売却した方がいい、旦那様は簡単なリフォームして売却した方がいいと意見がわれて、決まっておりませんでした。

そこをしっかり、T様にとって最も良い道を案内をするのが不動産仲介の仕事になると思いますので、まずはリフォームをイメージさせることにしました。リフォームといいつつも、実際にどれだけ費用がかかるのか、どんな感じになるのか等、考えるだけではわからないと思います。実際に僕も不動産会社に勤めて経験をしてなければ、イメージすら湧いて出てこないと思いますし、知らなくて当然な情報です。そこをどうしたらわかりやすく説明ができるのかがポイントかなと思いました。

TwinCompanyの強み

お話を聞く限り、仮にリフォームするにしても、フルリフォームではなく、最低限のリフォーム(表層)でいいということでした。築年数も15年とそこまで経っていなかったので、僕も表層でいいなと思ってました。何か参考になるものはないかと思ったときに、今年弊社の売主物件で、中古戸建の表層リフォーム物件を持っていたことを思い出しました。しかも調べてみると築年数もほぼ同じだったので、わかりやすいと感じました。

資料をもとに内容をまとめて、ご紹介しようと思い、Googleドキュメントで、見積りやBeforeAfterの写真をまとめました。もちろんどこまでやるかによって費用は簡単に変わってしまいますので、そこまで参考にならないかもしれませんが、少しでもイメージがついてくれれば良いなと思います。リフォーム関連の話が出てくるたびに、こういった見積りやリフォーム業社の紹介等、すぐさま対応できるのは、強みだなと改めて感じました。

一覧に戻る
関連記事

2023.07.18

初心の気持ちを思い出しました
川畑 亮馬

2023.03.20

タワーマンションは最高でした
川畑 亮馬

2023.07.20

初のインタビューになるか?
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.