JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

審査結果ってドキドキします

  • 2024.01.19
  • 川畑 亮馬

事前審査での出来事

本日は、先日お申し込みいただきましたR様の事前審査の回答がでる日にちでした。今回はりそな銀行で事前審査を入れており、いつ頃に審査結果が出るのか、事前にりそな銀行の担当者から聞いていたため、今日は朝から、まだかな〜まだかな〜とずっと思っておりました。今まで何人ものお客様の事前審査に関わってきましたが、今だにドキドキしますし、通ったときはお客様より喜んでしまうところがあるなと思います。

もちろん基本的に事前審査を入れるときは、しっかり考えて、100%通せるような形で審査を入れるので、落ちると思って入れることは無いですが、精神上少しナーバスな気持ちになってしまうなとは思います。そして昼頃に待ちに待った担当者からご連絡がありました。電話の一言目から若干声が低く、まさかな、、?と思ったところまさかの否決になりましたと言われました。そんなわけないでしょと思いましたが、否決理由を聞いたところ、問題は物件図面にありました。

ヒヤヒヤしました

今回の物件は戸建の物件だったため、物件図面には建蔽率と容積率の記載がありました。そこには容積率160%と記載があり、銀行からは容積率オーバーで既存不適格物件になってしまうので審査NGになると言われました。築5年の物件というのもあり、最初から既存不適格な物件は建築できないはずなのでそんなバカな!と思いました。ですが、検査済証をいただいていたので確認したところ160%ではなくて200%になっており、図面の記載ミスでした。

200%だったことを再度銀行にお伝えして、無事に満額で審査が通ったとすぐに回答をもらいましたが、めちゃくちゃ焦りました。最初図面を見たときに随分狭いなと思ってはいましたが、その疑問をそのままスルーしてしまったのが良くなかったなと調査不足だったなと思います。マンションと違って容積率などの計算は、ローン使えるかどうかの基準にもなりますが、それ以前に資産価値としても下がってしまいますので、戸建ての案内をするときは計算を絶対にしようと思いました。

一覧に戻る
関連記事

2023.11.11

ご案内がありました
川畑 亮馬

2023.07.17

引渡前確認でトラブル?
川畑 亮馬

2024.04.06

少し変えただけ
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.