JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

いいなと思うことから

  • 2024.01.21
  • 川畑 亮馬

やることを決める

本日は、始業する前に、代表の芳賀から今日やることとやりたいことを書いた方がいいと言われました。普段は、もちろんしっかり働いてはいますが、やらないといけないことをやっている最中に、ふと思ったことなどを突発的にやったりしてしまい、無駄なロスが生まれてしまうときがあります。そのため、やることを明確にし、大まかな時間を決めることによって、効率的に作業や業務ができると思いますし、無駄なことが減ると思います。

実際に僕なりに、予定をまとめたところ、性格上1時間単位でやる業務を区切って、時間割のような形になってしまいました。予定を作ったのは僕ですが、代表からどう思う?と聞かれ、真っ先に『この業務をやらないといけない』という思いが頭に浮かびました。この考えはマインド的にも良くなく、このままでは惰性感で業務をこなしたり、ただやればいいと作業的になってしまうなと気付きました。まずはこの考え方を変えないと良い結果にはならないなと思います。

視点を変える必要がある

ただやっているだけでは、新しい考えや新たな気づきが生まれてくるわけがないなと思います。実際に今日一日予定を立ててみて、行動をしましたが、イレギュラーがあったので、当初考えていた予定通りにはいきませんでしたが、良い結果になったんじゃないかなと思います。電話をかける意識があったので、当日内見と来月内見のアポの2件が入ったので良かったなと思います。

今まで、電話が苦手や外国人が苦手など勝手に思っているところがありましたが、そんなことは無いんだなと気付きました。マイナスなところばかりに視点がいってしまっていました。実際に電話から内見が入ったり、外国人の方も契約しているので、苦手ではなく、ただ自分自身が勝手にそのイメージを思ってしまっているだけだなと思いました。やっていることをいいなと思わないと、お客様にもその思いが伝わらないと思いますので、まずは『いいな』と思うことから始めていきたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.11.11

物件探し
川畑 亮馬

2023.09.16

ついついしてしまう悪いこと
川畑 亮馬

2023.03.14

あきらめない気持ちは大事
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.