JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

知識を増やしていく

  • 2024.02.03
  • 川畑 亮馬

しっかり知識にする

本日は、昨日お問い合わせがあったお客様の住宅ローンについて、わからないことがありましたので、フラット35の担当者にヒアリングをしました。最近はあまりフラット35を利用していなかったので、久々にお話を聞きました。特に今回は、今まで僕がやったことがない親子リレーを利用してローンを組むような形になります。親子リレーの仕組みは、上司の新井より細かく聞いてはおりましたが、僕の知識を更新させるためにもこの機会にしっかり聞きました。

話を聞いていくと、もちろん親子リレーは住宅ローンの中でも頻繁に使うことがないかも知れませんが、本当に購入したいお客様からしたらかなり購入できる可能性が上がるなと思いました。収入合算の形になり、借入額が上がりますが、フルマックスで借入してしまうと、将来の生活にダイレクトに響いてしまうので、資金計画への注意が必要だなと思いました。

先回りして確認しよう

フラット35はマンションに対して適合証明書を発行できるかによって、利用できるかできないか決まります。インターネットに情報として載っていればよいのですが、わからない場合は建築業者が発行できるのか判断するので、一手間かかったりします。ですがそこをしっかり確認をしないと、いざ話が前に進んだ時にやっぱり使えない物件でした、、とトラブルになる可能性もあるので、事前にやれることはやろうとと思います。

今回の物件は、売主仲介会社がかなり丁寧で、事前に物件資料が揃っていたため、すぐに建築業者に確認することができました。確認には提出書類が多いので揃っているのはめちゃくちゃ助かるなとおもいました。実際に確認したところ、建築業者から取得できるマンションですと確認が取れました。新耐震基準の物件で構造も普通の形にだったので問題ないとは思っておりましたが、やっぱり100%の回答がないとお客様に伝える際に不安になってしまうので、事前確認してよかったと思いました。

一覧に戻る
関連記事

2023.06.22

交渉からの媒介
川畑 亮馬

2024.01.28

内覧がありました
川畑 亮馬

2024.02.12

お客様と向き合おう
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.