JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

丁寧にご説明するために

  • 2024.02.09
  • 川畑 亮馬

事前に確認しておいてよかったです。

本日は、明日の内覧準備をしておりました。明日は昼と夕方合わせて2組のご内覧があり、どちらもしっかり準備が必要なため、万全な体制で挑めるように準備しました。1組目のM様が内覧する物件は、以前仲が良いお友達が住んでいたりしてよく行っていたため、眺望の雰囲気や室内の形など既に知っているマンションでした。そして家がめちゃくちゃ近いというのもあり、出たら購入したいと言っておりました。

とはいえ室内を見ないと気にいるかわかりませんし、どんな結果になるかはその時になってみないとわかりません。なのでどんなことを言われたとしても、対応できるように色々準備が必要かなと思います。もし購入へ前向きになった場合、フラット35の住宅ローンの審査を入れることになると思います。単独で融資される場合は経験があったのですが、今回は親子リレーでお申込み。事前に審査用紙を確認したところ、前と内容が若干変わっており、先に確認しておいてよかったなと思いました。

丁寧にご説明する

親子リレーというローンの組み方は、お問い合わせ当初は僕は聞いたことがあるな〜ぐらいのレベルでしか把握しておらず、ほとんどのお客様も知らない方が多いと思います。今回は親子リレーのお話はお電話では話しましたが、内容が簡単ではありませんので、お会いした際に資料を交えてお話することが必要だなと感じました。特に僕の場合は、自分都合で考えがちなところがありますので、しっかりお客様の反応を汲み取り、当たり前な話ですが、丁寧にを心がけてご説明していきたいと思います。

今回のお問い合わせを通して、親子リレーをしっかり学べたのは僕自身めちゃくちゃプラスになったなと思いました。特に日本は高齢者社会になっているので、今後同じようなご相談が増えたときに、すぐに提案ができるのは強みになるなと思いました。わからないことを日々調べ、蓄えることが成長に繋がってくると思いますので調べる癖をつけていきたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.08.20

初めてのインタビュー
川畑 亮馬

2023.07.25

居住用とオーナーチェンジの違い
川畑 亮馬

2023.09.30

専任物件の案内
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.