JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

賃貸入居前に手直しが必要になりました

  • 2024.02.12
  • 事務員・青木

良いことは続くものです、が

春は入学・卒業・就職・転勤・独立など、様々なご理由でお引越しをされる方が多い様で、株式会社TwinCompanyもお引き合いを数多くいただいております。事務員青木は今現在、賃貸メインに動いておりますので、賃貸のお引き合いを多くいただいて嬉しくなっていっております。本日は先週に引き続き、ご入居のお申込みを頂きました。

転勤に伴うお引越しがご理由なので、なるべく早めのご入居をご希望とのことです。「お申込みを入れたいというお客様がおりますので質問があります」から「お申込みいれます」から申込書到着までトントン拍子で進みました。申込書の内容を確認させていただき、賃貸の保証会社へ審査を入れて、回答待ちになります。本日は祝日なのですが、早ければ本日、遅くても明日までには審査のご回答を頂けるので、「なるべく早めのご入居」希望は「審査の上では」問題なさそうではあります。

 

申込内容以外で確認となったこと

ですが、お申し込みを入れてくださった業者さんから2つご質問いただきました。
1つ目は「室内の床が汚れていたので清掃は入れていただけるのか」、2つ目は「網戸が破れているので直してもらえるのか」という内容でした。内装完了後の写真を見てみても、しっかりと確認できなかったので、一先ず業者さんに対応を依頼。どちらもわたしが把握できていない内容だったため、業者さんには、いただいた2点も含め室内を確認した上で、ご入居前に対応させていただくとお伝えして、審査待ちになりました。

審査前に、月内の早い段階で物件調査と修理に行っていただく日程の都合をつけてくださいました。直近でのご入居希望でなくて良かったと思いつつ、どの位でご入居希望日と合わせられるかなと思いました。
「手直しは、やっぱりないほうがいいな」と思ったところで、本日の日報は終わります。

一覧に戻る
関連記事

2023.09.14

インボイス制度についてのアナウンス
事務員・青木

2023.08.04

金融機関周りと小口現金入力
事務員・青木

2023.12.08

年内最後の送金日&税理士先生、来社
事務員・青木

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.