JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

数をこなしていきたい

  • 2024.05.09
  • 新井 健史郎

慣れない賃貸契約

今日は夕方からお客さまのお住み替え先の賃貸契約がありました。契約書や重説、保証会社の書類が手元に届いておりますが、売買メインなので違いに少し苦戦しました。売買の場合は事前にお送りして重説に弊社の情報が記載されておりますが、賃貸の場合は記載がなく書類が送られてきます。これまでも手書きで記載したことはあったのですが、記載欄もなかったので不安になり、確認することにしました。

契約書を作成していただいた業者さんへ確認をすると、余白に会社情報のスタンプを押して欲しいとのこと。会社には売買用の会社名、住所等のスタンプはありますが、賃貸用のは作成しておりません。賃貸の方は免許番号や、免許年月日、宅建士の記載欄などもありましたのでそちらは手書きでの記入となりました。お客さまへお会いした際も説明できないことがないように事前に一通り目を通して夕方からは契約へと向かいました。

読み合わせと打ち合わせ

今日も契約業務を行う為、読み合わせを始めようとしたところでお客さまから「あまり時間がないので早めでお願いします」との要望が。賃貸の契約は売買に比べると簡易的に作られておりましたので、大事な部分を丁寧にお伝えしていきました。今回の物件は川沿いで水害等も以前気にされていたためそこは丁寧に。また賃貸借契約のルール、費用負担をメインでお伝えさせて頂きました。

今回の物件は敷金が償却となっておりましたのでその説明。更新料などもかかることをお伝えしたところ、賃貸の経験は何度もあるので理解しているとのことでした。売買の契約から、住み替え先の賃貸の契約までスムーズに行うことができたので、残るはお引っ越しとお引き渡しの準備となりました。頼まれごともいくつかいただきましたので、早めに回答できるよう、ご希望に添えるように引き続き取り組んでまいります。

一覧に戻る
関連記事

2023.07.01

会うと安心する
新井 健史郎

2024.01.21

販売仲介のご成約
新井 健史郎

2023.05.07

動画撮影は課題だらけ
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.