JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

ご案内でした!

  • 2024.05.16
  • 川畑 亮馬

ご案内でした。

本日は、Y様のご案内がありました。もともと僕のお客様ではありませんでしたが、上司の嶋村から引き継ぎ、僕が対応することになりました。ご案内場所は調布エリアでした。僕自身も今まで、電車で通り過ぎたことはあるものの、調布に上陸は初めてでしたので事前に、物件の周辺にスーパー、コンビニ、お店など、何があるのかをしっかり調べていきました。

初めてお会いするというのもあり、物件のご案内をするのも当たり前ですが、ヒアリング重視で行こうと思いました。事前にしっかり嶋村からお客様のご情報を共有していればよかったのですが、細かい部分までは聞いていなかったので、失敗したなと思いました。そしていろいろヒアリングしていく中で、やっぱりお客様の購入に対しての背景を知ることは非常に大切だなと改めて認識しました。

ヒアリングは大切

今回の物件は大きく2つのネックがありました。一つ目は既存不適格と付帯設備が免責になっている件です。平成物件ではありますが、今までお部屋の中を大きなリフォームしたことがなく築が経っているため免責になっていました。もちろん購入した後トラブルがある可能性は少なからずあると思いましたが、もともと賃貸として利用し空室からの売却や、下の階が駐輪場で仮にトラブルがあったとしても下の被害は無さそうなど思いました。

もう一つは多摩川が近いことです。本物件は2階なのでここまで水がくるの?と思いはしますが、ハザードマップの計算では真っ赤になっているので、気にされる人は気になるかなと思います。Y様にもしっかり伝えないといけないなと思い、お伝えしたところまさかの多摩川が近いからむしろこの物件を選んだんですよ!と言われました。普段在宅でパソコンと向き合っている時間が長いから、散歩コースにもなり、自然を感じられる多摩川はもっと近くても全然いいと言ってました。お客様の気持ちがわからないと、的外れな提案や発言をしてしまうので、しっかりやっていきたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2024.03.30

再建築不可物件
川畑 亮馬

2023.07.15

質問が大切
川畑 亮馬

2023.10.31

前進あるのみ!
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.