JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

しっかり考えよう

  • 2024.05.19
  • 川畑 亮馬

嬉しいご連絡

本日は、先日調布エリアの物件をご案内したY様より買付申込書をいただきました。満額かつ、住宅ローンではなく現金購入になるため、売主様に提出したところすぐにOKとなり、何事もなければこのまま契約になりそうです。Y様とは昨日相談したいことがあると、ご連絡があり、お話しました。内容はご案内した空室の物件か、それとも上の階にあるオーナーチェンジの物件のどちらの物件を購入した方が良いのか?とのことです。

ご案内した際に、オーナーチェンジ物件の簡単なご説明をし、合わせてご紹介しました。その時はそこまでオーナーチェンジには興味を抱かず、空室物件についてのご質問ばかりではありましたが、よくよく考えたらオーナーチェンジも良いよねとなったそうです。正直な話、どちらもメリットデメリットがあるので、Y様にとって1番何が良いのか?と考える必要があるなと思いました。

お客様にとって1番良い提案を

Y様は購入後、物件に住む予定はありますが、すぐに今の賃貸から出るわけではなく、息子さんが独り立ち後、住む予定になります。そのため厳密にいつまでに〜というのがないので、すぐに住めなくても良いとのことでした。当たり前ですが物件を購入すると管理費&修繕積立金がかかってしまいます。空室の場合はマイナスになっていってしまうだけですが、オーナーチェンジの物件を購入すれば家賃収入が入ってくるため、プラスになります。金額もオーナーチェンジの物件の方が200万円安く、室内状況も空室物件より綺麗でしたので、かなり良さそうな感じがします。

ただ賃借人がいつ退去するかわからないという大きなデメリットがあったため、トータルで考えてどちらの方がY様にとってメリットが大きいのか?を一緒に考え、オーナーチェンジ物件を購入することになりました。売主様がかなり協力的で購入後の賃貸管理のことやや室内写真が70枚以上あったりなど、検討材料がしっかり揃っていたのがよかったなと思います。まだ何があるかわからない状況ではありますので、決済まで気を抜かずやっていきたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.04.15

投資物件を探す難しさ
川畑 亮馬

2023.06.01

反響から契約するためには
川畑 亮馬

2023.07.09

媒介物件で反響を得るには
川畑 亮馬

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.