JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

査定に苦戦

  • 2024.05.20
  • 新井 健史郎

査定コース

今日は事務所に戻ってからはほぼ査定時間になりました。一棟アパートや戸建、ビルなどの特殊な物件の査定が溜まっておりましたので、資料を取得するところからスタート。やってみて比べると区分マンションの査定は簡単に感じます。区分マンションは資料がなくて同マンションの事例である程度の数字をすぐに把握出来ますが、戸建やアパートは個性的なので難しいと感じました。

特に難しかったのは山梨県のビルでした。店舗の賃貸を付ける必要があるので、周辺の費用を調べたのですが、事例はゼロ。おまけに売買の成約事例までエリアを大きく広げないとありませんでした。間取りもなかったので今回の査定では結論を出すことは難しいと思いました。知り合いで店舗系の買取業者が数名おりましたのでそちらにも相談することにしました。

一棟アパートも

次はアパートや戸建の査定を行いました。戸建の方が物件があったので比較検討を行うことができました。ですが、難しいのは一棟でした。今回査定している物件は、立地はいいのですが、収益性は良くないような状況でした。利回りから査定を行い、最後に路線価を確認すると、査定額の倍近くありました。場所も良かったので路線価の方が正しいと思うのですが、こちらも自分だけの査定では根拠が薄いと思いました。

仲介業者さんにはそのままお伝えして、こちらでもっと深く調べることにしました。また、足りない資料も売主様へ確認の依頼をしました。慣れない査定は時間がかかってしまうので、区分マンション以外の物件も経験値を作っていきたいと思います。このように査定すれば失敗しないなどはやりながら見つけていくものだと感じたので、他の方の力も借りながら良いご回答が出来るように心掛けていきます。

一覧に戻る
関連記事

2024.05.17

お客さま宅へ
新井 健史郎

2024.03.02

やりやすいように
新井 健史郎

2023.01.22

勇気ある大きな決断
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.