JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

お客様から求められている事

  • 2024.05.20
  • 嶋村 友章

物件探しのご相談

物件の購入を検討されているお客さまが来社され、お話を伺いました。
前回、私のお客さまの紹介者の方と一緒に来社していただきご相談にのったのですが、その時は奥様だけだったので、今回はご夫婦でお越しいただきました。
前回は、何も決まってない状況からのスタートでしたので、戸建とマンションの違いをお話しして、奥様のご希望を基に物件のピックアップをしました。

将来的に住み替えも考慮した条件で、価格、エリア、築年数で物件情報をお渡ししました。
その後、奥様は今回お会いするまでに、ご自身でお子様の学区について調べられており、持参されたノートには情報がびっしり書かれておりました。
区ごとの情報を調べていくのも手間がかかって大変だと思いますが、そのノートを見て奥様の物件探しとお子さんへの教育に対する思いがひしひしと伝わってきました。

まだ始まったばかり

今回お越しいただいた一番の目的は、ご主人の意向を伺うことです。
お話しを聞き進めていくと、ご夫婦間でエリアの希望に対して相違がありました。
奥さまは子育てに対して、ご主人は通勤に対して、それぞれの希望があり、エリアがきれいに分かれてしまいました。
今すぐこの場で決められる話ではないという事で、一旦持ち越しになりました。

今回は紹介経由でのお客さまでしたので、一定の信頼感を持っていただいている状態では、相談内容について具体的な不動産の内容というより、その前段階のところから自分が入ることを求められています。
お問い合わせ経由でのお客さまの場合、いくら何回もお会いしている方でも、私が家族会議など深い話し合いの場に入ることはないので、一定の距離感を感じます。
今回は頼られている感覚が、嬉しく思います。
まだ、登る山も決められていない状態で先は長い道のりですが、ご家族での歩幅を合わせるガイド役を全うさせていただきたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2024.05.13

2回目の内覧会の結果
嶋村 友章

2023.10.29

胸が熱くなった出来事
嶋村 友章

2023.09.29

自分の存在意義を改めて考える出来事
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.