JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

買付をお渡しするため

  • 2024.05.22
  • 嶋村 友章

普段は聞き手一辺倒の私が話し手に

先日、内覧をした買取物件の買付証明書をお渡しするため、仲介されている不動産会社さんにお伺いさせていただきました。
事務所の前に着くと、聞き慣れた声で名前を呼ばれました。
振り返ると、Sさんがいらっしゃいました。
今年の初めに電話営業を通じて、知り合ったSさんとお会いしたのは今回で2回目ですが、それまでの数ヶ月で何回も電話でお話しさせていただいているので、声を聞いただけで分かりました。

事務所に上がらせていただくと、社長も一緒にお話しのテーブルにお越しいただけました。
弊社の日報ブログの存在について、お伝えしていないにも関わらず、社長と一緒に読んでいただいたそうで、毎日書いていることが報われた思いで嬉しかったです。
普段の私は自分が話すよりも話を聞くことが好きなので、聞いている割合が7割ですが、今回は7、8割わたしが話しておりました。
話を引き出すのが上手いSさんのコミュニケーション力に脱帽です。

売却についての相談

社長もSさんも華々しい経歴をお持ちで、お聞きしたいことが山ほどあったのですが、話題は私自身のことになり、弊社代表との出会いから不動産業界への転職のきっかけを皮切りにお話しさせていただきました。
そんな話をするつもりはもともとなかったのですが、たまたまカバンにあった自分のプロフィールシートが役に立ちました。
その後は、不動産の仕事について取り組んでいることをお話しました。

直近で弁護士の先生に送った査定動画をお見せしながら話した動画について、先日に行った神奈川の戸建の内覧会についての話に興味を持っていただけました。
すると、売却を頼まれている案件があるとのことで、お話を2件いただけました。
それぞれ自社で直接買取できる案件ではなかったのですが、相談いただけることがとてもありがたく嬉しいので、横のつながりを活かして、お役に立ちたいと思いました。
気づけば1時間半以上も時間が経ち、話が盛り上がったので、訪問させていただくことができてとても良かったと思いました。

一覧に戻る
関連記事

2024.04.01

知りたい情報をどれだけ早く提供できるか
嶋村 友章

2024.02.27

営業をする側と受ける側、それぞれの気持ち
嶋村 友章

2024.04.23

仲介の役割は現場監督のよう
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.