JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

形にするために解決しないといけない事

  • 2024.05.24
  • 嶋村 友章

ご相談と紹介と

去年から交流会への参加などを精力的に行っていたので、士業の先生から不動産に対する案件の相談や、人を紹介してほしいという話が、最近ぼちぼち入るようになってきました。
以前より紹介というルートを開拓したかった私は、物件の購入を考えている人がいたら紹介してほしいと、自分のお客さんや身近な人に話していたこともあり、おかげさまでこちらも話をいただく機会が増えてきました。

以前に不動産を購入していただいたお客さまから、日本で不動産を購入したいという中国のお客さまを紹介していただきました。
紹介していただいたお客さま自身も、日本で働いていたこともあり、今は息子さんが日本に住んでいますが、ご本人は現在中国に住んでいらっしゃるので、WeChatで話しました。
中国の長期休みにあたる国慶節に来日する為、チケットを取ったので物件案内をしてほしいということで話は進んでいます。

不動産購入ツアー

また、以前にご所有不動産の売却のお手伝いをした方から連絡があり、中国の友達からの依頼で、日本に不動産購入ツアーに来る中国の富裕層がいるからお願いしたいとのことでした。
条件を聞くと、虎ノ門と青山でエリアは決まっているとのことでした。
中国の方は、自己居住用ではなく、投資としての不動産購入の場合でも、実際に内見をしないと購入はしません。
一等地の物件を案内することはワクワクしますが、注意点や懸念点はいくつかあります。

一番のハードルは物件購入の際の現金の支払い方法についてです。
日本に銀行口座を持っていればいいのですが、そうでない場合の支払い方法を事前に考えておかないといけません。
これに関しては、自分もはっきりとした答えを持ってないのが現状です。
ここが解決しないと形にはならず、誰も得をしません。
来月には御一行が来日されるそうで期間も近いです。どうすればいいのか、本腰を入れて明確な答えを探しにいきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.06.16

スニーカーと不動産
嶋村 友章

2023.09.08

決済の場にて、突然始まったインタビュー
嶋村 友章

2024.01.13

仲介と仕入れの目線の違い
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.