JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

日々を振り返り感じた事

  • 2024.05.28
  • 嶋村 友章

まさに運命的

査定や事務仕事に追われた一日でした。
最近、査定の案件を仲介業者さんからいただくことや、不動産会社さん以外からの相談を受けることも多くなりましたが、その反面でやるべきタスクが増え、自分の首を絞めている感じがします。
ただ、それに伴って繋がりが増えた分、他社さんはどういう動きをしているのかが見えてきました。
買取において、弊社が扱っているのはほぼマンションです。
そこで、土地や戸建ての相談も受けていたら、パンクします。

そこで、私は専門の方に相談します。
先日、契約した業者さんと話が盛り上がった理由は、私が話した経験談がその業者さんと全く同じ状況だったからでした。
今回その業者さんにマンションの査定の数字を返す要件と同時に、別の業者さんから頼まれた土地の相談の話をしました。
すると驚くべきことに、私が相談した特殊な案件と、業者さんが今まさにこれから車で向かっていた自社で仕入れた案件が酷似していました。
嶋村さんとは絶対何かあると言われ、二度も重なると運命的なものを感じました。

何が正解か

結果的に諸々の条件により、その案件は扱えないとのことでしたが、別の相談された案件をお願いしました。
私がやっているのは、案件の振り先に困っている業者さんと案件が欲しい業者さんを繋げていて、媒介を預かった仲介業者さんと同じことをしていると思いました。
見境無しに行っていては、自分の時間を失うだけで終わってしまうので、そこは気をつけます。

何より自分は人と接することが好きなので、もともと自分に合っているスタイルだとは思いますが、条件も営業手法も限定的に絞り込んでいった方がいいのかどうか考えます。
やらないことを決めると言いつつ、逆になってしまっているので、今一度見つめ直そうと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.03.26

身近なところにチャンスあり
嶋村 友章

2024.05.26

一粒で二度おいしい
嶋村 友章

2024.06.11

悔しいです
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.