JOTO×住まい|株式会社TwinCompany(ツインカンパニー)

JOTO×住まい|株式会社TwinCompany(ツインカンパニー)

  • 0120-952-854

会員の方

閉じる

TOP
>
>
>
台東区 神社巡り

台東区 神社巡り

秋葉神社 台東区台東4丁目21−23

 

明治3年(1870)東京一円の火災鎮護の神社として、神田に設けられた火除地(現在の秋葉原駅付近)に創建されました。社域である周辺の土地を、「秋葉の原(あきばのはら)」「秋葉っ原(あきばっぱら)」と呼ぶようになり、現在の秋葉原の由来となったそうです。

 

明治21年、(1888)、日本鉄道会社が建設していた現在の東北本線が上野駅から秋葉原駅まで延長され、秋葉の原の土地が駅舎用地などとして払い下げられ、現在地に遷座しました。

 

 

 

鳥越神社 台東区鳥越2丁目4−1

 

日本武尊を祀って白鳥神社と称したのに始まるとされ、源義家がこの地を訪れた際、白い鳥が飛ぶのを見て浅瀬を知り、隅田川を渡ることができたことから、それを白鳥明神の加護とたたえ、鳥越大明神と改めたと伝えられています。

 

毎年6月に開催される例大祭(鳥越祭)に出る神輿は千貫神輿と称し、都内随一の重さを誇ります。

 

浅草神社 台東区浅草2丁目3−1

 

浅草寺本堂の右隣にある神社で、通称三社権現(さんじゃ ごんげん)、三社様(さんじゃ さま)とも言われ、土師真中知(はじのあたいなかとも)と、檜前浜成(ひのくまはまなり)、檜前武成(ひのくまたけなり)の兄弟が主祭神です。

 

江戸時代、徳川家康が幕府の祈願所に定めると参拝者が増え、周辺に盛り場ができました。今も東京の観光名所の一つで、国内外から年間約3千万人が訪れます。

 

下谷神社 台東区東上野3丁目29−8

 

下谷神社は、奈良時代に創建された、都内で最も古いお稲荷様です。商売繁盛、家内安全にご利益があるとされています。

 

5月に行われる下谷神社大祭は下町で一番早い夏祭りと言われ、千年以上の歴史があります。本社神輿の渡御を行う「本祭り」と町会神輿の渡御だけの「陰祭り」が隔年で行われています。2018年は「本祭り」にあたるため、13日(日曜日)に本社神輿の渡御が行われました。

 

 

第六天榊神社 台東区蔵前1丁目4−3

 

都営浅草線蔵前駅より徒歩3分の地に鎮座する、第六天社の総本社を名乗る神社。

 

日本武尊(やまとたけるのみこと)が皇祖二神(面足尊と惶根尊)を祀り、自ら奉持した白銅の宝鏡を納め、国家鎮護の神宮としたことにはじまります。

 

鳥越神社、熱田神社とともに鳥越三所明神として人々から信仰されてきました。

 

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.