JOTO×住まい|株式会社TwinCompany(ツインカンパニー)

JOTO×住まい|株式会社TwinCompany(ツインカンパニー)

  • 0120-952-854

会員の方

閉じる

TOP
>
>
>
りょうまが行く No.2

りょうまが行く No.2

 

最近足臭いから、帰ったらすぐ洗えと言われているりょうまです。

 

第二弾になります。

 

さて今回のお話は…朝会社に来ると、机に雑誌が…(T_T)

えふぴーPROTOCOL 新連載『これで楽々理解!FPが知っておきたい「決算書」講座』というFPになるための雑誌になります。

 

読んでみると知らないことばかり、、、とほほ、、、

 

その中で、「貸借対照表」となるものを発見! 簡単に説明していきたいと思います。(頑張れ私の語彙力!)

 

 

そもそも貸借対照表とはなに?

会社や個人の財務状態を、資産の部を左側、負債及び資本(基金)の部を右側に記し、総合的な損益額も明らかになるようにまとめた表。(Google先生より)

 

ん、、、?全然イメージがわかない、、、実際に表にしてみると、

 

 

     正の財産グループ(資産)        負の財産グループ(負債)

   お金が...           150万円         クレジットカードの後払い    40万円

   買った家が...       3000万円                       住宅ローン残高               2200万円  

         保険解約したら...       700万円         親に借りているお金       200万円

         車もあるな...         100万円                       この他支払いが必要なもの    60万円

   骨董品...           350万円         合計が...         2500万円

   その他もろもろ...       200万円       

   合計が...         4500万円         左側の合計4500万円と

                                右側合計2500万円の差額は 、 2000万円(純資産)

 

書き込むと、負の財産より、正の財産のほうが2000万円多い形になりました。

その2000万円が、自質的な財産になりそうなことが、わかりました。

 

これが貸借対照表といい、別名「B/S」(バランスシート)と呼ばれています。

B/Sとは、「残高」を表しているそうです。

現金の残高はいくらか、在庫の残高はいくらか、借入の残高はいくらといった、ある時点の財産の残高表のこと(>_<)

 

「資産から負債を引いたら純資産になる」 つまりB/Sは純資産を知るために行うものなのですな( *´艸`)

 

これでB/Sの説明は終わりなのですが、簡単に説明する難しい...どうしたらわかりやすく説明できるのか...

 

今後の課題ですな...

 

 

 

 

今日はお客さんに会いに平塚へ!

 

何か降臨しそうな雰囲気の写真になっております。(笑)

 

最近睡眠不足ですぐ眠くなってしまう、、、早く寝なさいとリトルりょうまが囁いてる気がします、、、

さて今日は、早く眠れるでしょうか、、、がんばれりょうま!欲に負けるなりょうま!次回お楽しみに~

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.