JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

アピール活動をおこなう

  • 2023.12.02
  • 新井 健史郎

査定依頼が増えてました

今日は朝から溜まっていた査定依頼の対応をしていきました。昨日は休みをいただいていたため、昼から夜にかけて複数の案件がきていたので朝はこちらから取り掛かろうと決めておりました。早速、物件情報を確認していきます。古くてエレベーターの無いマンションから築15年ほどのタワーマンションまであらゆるお部屋がありました。

江東区や江戸川区の物件が多かったので、得意エリアの物件もありました。前に調査もしたことがある物件は、広さと室内状況を確認しただけで数字を出せる物件もありました。謄本を見るとオシャレなリノベーションで有名なシンプレクスリアルティさんが10年ほど前に手掛けた物件でした。室内写真を見たところ、今と昔では内装が全くの別物なことに驚きました。改善を重ねて今のような見惚れる物件になったんだなと思いながら、買取金額を算出していきました。

回答とアピールはセット

仲介業者さんへ買取価格をお伝えするために連絡しました。今回初めて情報をいただく担当者さまでしたので、査定金額をお伝えする際に「得意な物件」「最近買った物件」もお伝えしてアピールをおこないました。査定金額については少し低くなってしまったかとも思いましたが「良い数字ありがとうございます」と言っていただけたので少し自信もつきました。それでも1番手は300万高い金額がついているとのことでした。

また、物件情報が出た際に思い出してもらうため、査定額と簡単にまとめたあいさつメールを一緒に添付してお送りしました。すると同じ会社の社員の方へ共有していただいたようで、別の物件情報までいただきました。知ってもらうことで物件情報はいただけるので、まだまだ認知活動が出来ていないと感じました。会社を調べたところ、先週見に行った物件のすぐそばだったので次に近くへいった際にはご挨拶に寄ろうと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.04.22

購入から売却査定へ
新井 健史郎

2024.02.19

タイミングもご縁
新井 健史郎

2023.01.28

「査定は客観的に」
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.