JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

メールのみ1週間でのご案内

  • 2024.02.01
  • 藤居 琢也

当日の時間変更

本日は朝から車でH様への物件紹介。朝7時半頃に突然お電話を頂くことからスタートした。実はお問い合わせを頂いてから本日の案内に至るまで一度もお電話でお話をした事も無く、ずーとメールのみのやり取りからご内見に繋がった。動画でのご提案など難しいことはほぼ何もやっておらず、H様の詳しいご状況も伺う事も出来なかった為、失礼ながら本音を吐露するとご内見にはつながらないのでは無いかと思っていた。

恐らく海外ご出身のお客様である為、お名前だけでは男性か女性かも分かっていなかった為、お電話口の声で男性?のようで、案内開始の時間を30分早めて下さいとの事だった。かなり早めに準備をしていたので「都内の朝の渋滞がある為、絶対とは言えませんが合わせられるように向かいます」とお伝えして急いで現地に向かった。幸いかなりスムーズに現地に到着出来、お時間変更後のお約束時間よりも更に30分早く到着出来、周辺確認の時間に使った。

想定外のお客様

15分ほど前に室内の空気の入れ替えと、事前の確認をするつもりでエレベーター前に立つと後ろから声をかけられた。「お世話になります」想像していたのは男性。だが、そこにはすらっとした女性が立っていた。お電話口の声とも違う気がしたが最近は電話のボイスチェンジャーもあり、女性お一人の物件探しだと身構えられる方も多い為、分からなくは無い。早速池袋駅9分のお部屋をご紹介。しかし、内装は手直しが必要な状態だった。

お話を伺うと3月までにはお引越しの必要があるとの事。だからリフォームしている暇が無いとの事で、1週間以内に移動先はお決めになられたいらしい。早速、別物件のご案内を開始。途中、お話しさせて頂く事に夢中なり過ぎて首都高の分岐を間違えてしまう失態を起こしてしまい、かなりのお時間を要してしまったが、お気に召して頂く物件に出会って頂け、無事お申し込みを頂けた。ただ、1Rの住宅ローン審査がある為、慎重に進めていきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.12.16

住宅ローンで桜木花道
藤居 琢也

2024.05.24

重要事項のヒアリングシートでは分からない背景
藤居 琢也

2024.02.25

念の為の備えと思わぬ副産物
藤居 琢也

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.