JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

住宅ローン知識の成長

  • 2024.02.01
  • 新井 健史郎

パレドール五反野ご案内

今日は自社物件のご案内でした。メールでご連絡をさせていただき、日時を調整してお客さまをお待ちしておりました。早めに着いたので先に室内を準備しておりました。以前はメーターボックスの噛み合わせが悪く勝手に開いてしまうため、テープで応急処置されていたのですが、今日お伺いすると修理されておりました。古いマンションですが、しっかりと修繕されている印象でした。

お客さまがいらっしゃいましたので、早速室内を見ていただきました。思っていたよりも室内が綺麗だったようで好印象のようでした。リフォームの状況などお伝えさせていただきましたが、詳細に関しては答えられない点が多く、これまで気になっていなかったことに反省しました。室内を見に行った際は気になるであろう点を事前にお調べしておかないといけないと思いました。

1回目と2回目では違う

物件のローン審査のお話になりました。先週別のお客さまの方で住宅ローンはおこなっておりましたので、おおかたの情報が既に出ておりました。「どちらの金融機関がどのような扱いになるか」といった点をお伝えさせていただきました。物件に特徴がある場合の融資の扱いは1組終えると一気に詳しくなると、自社物件の販売の際は特に思います。

今回は同じタイミングで2組のお客さまが検討していただくことになりました。どちらも自社のお客さまで直接接客をおこなっておりますので、言った言わないで順番のトラブルが起きないようにしっかりとお伝えしていきたいと思いました。弊社では住宅ローンの承認とお申し込みのルールを設けておりますので、1番最初に承認とお申し込みをいただいた方を最優先で気を付けて業務に取り組んでいきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.03.11

圧倒的な実力差を感じました
新井 健史郎

2023.10.02

販売スタートしましたが、、
新井 健史郎

2023.09.09

知らなかった「整流板」
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.