JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

絶景かな絶景かな

  • 2024.03.07
  • 新井 健史郎

現調へ行ってきました

今日はリフォームの現調が2件入っておりました。1件目は物件の鍵を売主業者さんが保管されていたので会社へ取りにお伺いしました。行くのは2回目ですが、かなり大きい良いビルに入っている会社なので、エントランスからタジタジしておりました。フロントのお姉さんにこの会社へ行きたいとお伝えすると、受付などはいらなくエレベーターで上に登って良いとのことで、恥ずかしくなりました。

鍵をお預かりして、タワーマンションへ向かいました。先にエントランスに入室すると、クラシックのような音楽が流れておりました。エントランスやロビーも含めてですが、見た目は「高級ホテル」でした。先に部屋に行きたい気持ちを我慢して、芳賀さんとマキさんと合流することにしました。先に1階や2階の雰囲気を楽しんでから室内を見に行きました。

特殊なつくりでした

お部屋の中に入り、まず天井の高さを感じました。それと収納の多さです。シューズインクロークだけでなく、サービスルームもあり、至る所に収納がある印象でした。1LDKの間取りでこれだけあれば、1人でも2人でも困らないと思いました。次に眺望の良さが目に映りました。スカイツリーがお部屋からも見えるほど綺麗でしたので、夜は更に綺麗なんだと思います。お風呂にも窓がついており、眺望を見渡せる高層階ならではのつくりになっておりました。

その後も色々と見て周り、良い部分や悪い部分も見つけることができました。プールやサウナ、バーなどが現在やっていないことが特に残念に感じました。全体を通して「どんなお客さまが購入されるのか?」が気になりました。単身女性なのか単身男性なのか、それともご夫婦なのか。前所有者も気になりましたので帰りにお伺いするとご夫婦とのことでした。販売をしたらどのような方からお問い合わせがあるのか今から楽しみです。

一覧に戻る
関連記事

2024.04.06

早速の反響対応
新井 健史郎

2023.09.08

一括査定スタート
新井 健史郎

2023.09.09

知らなかった「整流板」
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.