JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

宴もたけなわが延々と…

  • 2024.03.08
  • 嶋村 友章

興味深い話だったので、つい

私が所属している会員制交流会のawakaメンバーの千葉さんと、1ON1という事で秋葉原で飲みました。
19時から飲んでいて気がついたら0時前、家族に帰らないでいいという承諾をもらいました。
結婚してもうすぐ7年経ちますが、今までどんなに遅くなっても帰宅しなかったことはなかったので、かなりの大事です。
帰らななくていいリミッターが外れた結果、気がついたら3時をまわってました。
帰りの終電の時間だったり、お尻が決まっていることは重要なことだと改めて思いました。

なぜ遅くまで話が盛り上がったかというと、僕にとって千葉さんが魅力的な方だからです。
千葉さんはトップ営業として不動産を販売されていて、現在はFPとして保険のお仕事をされていらっしゃいます。
保険の営業の方は周りにもいらっしゃいますが、不動産から保険という経歴の方はいらっしゃらないので、その経緯や普段どんな内容の仕事をされているのか知りたいという興味が湧きました。

任される喜び

話を聞いていて改めて自覚したのは、私は興味がある人のバックボーンや背景を聞くのが好きということです。
考えてみたら夜な夜なWikipediaで歴史上の人物やプロレスラー、自分が興味を持っている人物の情報を見るのに没頭してしまうことがよくあります。
ネットで情報を見るだけだと一方的に受け取ることしかできませんが、それが会話だと自分がそのとき思ったことが質問できるのがいいところです。

そんな感じで話を伺っていると、思いがけない話を聞くことがあります。
それは表面上で会話をしていたら、まず聞けないような感情の部分だったりするので、意外性があります。
そういった話を聞けば聞くほど、自分が何かできることがないかと考えてしまうのが自分の行動パターンだというのも今回、自己分析できました。
千葉さんに純粋に興味を持って色々と話を伺っていたら、個人的に仕事をもらうことができ、人から任される喜びを感じました。

一覧に戻る
関連記事

2024.04.23

仲介の役割は現場監督のよう
嶋村 友章

2024.02.07

自己開示の重要性
嶋村 友章

2023.03.22

何のためにするのかを考える
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.