JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

ショールームツアー【アイカ・ダイケン】

  • 2023.04.18
  • 事務員・マキ
thumbnail

重厚感ある素材から流行りの素材までアイカさんのショールーム

本日はアイカさんとリクシルさんのショールームに、ジューテックのMさんにアテンドをお願いし、芳賀代表と見学に行きました。まずはアイカさんへ。が、久しぶりの新宿に道に迷い、少し遅れてしまいました。到着し、あいさつを済ませたあとはさっそく見学です。アイカさんは建具や床、壁などの材料屋さんと言ったらいいのか、わかりやすく言うと、上から貼る模様のついたシートをメインに取り扱っています。用途や場面に合わせて種類が展開されており、ショールームにはものすごい種類のパネルが飾られていました。高級ホテルのエントランスのような重厚感のある素材から、アメリカンビンテージのようなカジュアルな素材まで、幅広い素材があり、インスピレーションを掻き立てされるとてもワクワクする空間でした。アイカのTさんに説明していただきながら、順々と見ていきました。

今回は、直近のエクセル入谷マンションのリノベーションのための見学という名目でしたが、アイカさんの素材は、質感がとてもよく、パネルで見ているだけでも、お部屋のイメージが広がるため、たくさんの素材を拝見でき、とても勉強になりました。建具や床、壁など、少しの違いで大きく印象が変わることを改めて感じました。お気に入りをピックアックし、ご挨拶してあとはお昼休憩に。

合間にダイケンさんショールームへ

次のLIXILさんのショールームまで、1時間ちょっと時間があったため、だめもとで気になっていたダイケンさんのショールームに行きたいと、芳賀代表にお願いしてみたら、ひとつ返事でオッケーしてくれました。急いで牛丼を駆けこみ、ダイケンさんへ。

ダイケンさんはフローリングをメインにチェックしました。時間の関係で15分ほどしか見られませんでしたが、質感や色味を確認できました。チェックしていたシリーズよりも別シリーズの方がよく感じられ、改めて実物を確認することの大切さを感じました。

後半へ続く

一覧に戻る
関連記事

2024.01.15

デカ部屋のリノベーション
事務員・マキ

2023.11.21

立ち止まる
事務員・マキ

2023.04.03

思ったより気を遣う赤字入れの連続
事務員・マキ

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.