JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

簡潔にわかりやすく

  • 2023.10.22
  • 新井 健史郎

売却のご相談

今日は売却のご相談を受けた案件の訪問査定へ行ってきました。少し早めに行き、まずは物件の調査からスタート。北棟、南棟と分かれていたのでそれぞれを比較したり、外の共有部分を見に行きました。築年数の経過はありますが、補修が施されていたり、坂の上にマンションがあるなど行く前とは印象が大きく変わりました。

室内に入ってからは水回りを中心に物件を見ていきました。2階でしたが、坂の上にあるため眺望良好でお部屋からバルコニーからは富士山見えるほど。午後にお伺いしたため、日当たりも良くちょうど光が入ってきておりました。リノベーションしてから数年は経過しているものの、室内状況も良かったので査定額としては予定通りの数字となりました。

提案の内容を決めました

お客さまとは初めてお会いしたので、まずは簡単な自己紹介と今回の依頼をいただくまでの経緯をお話ししました。奥様の方には事前に動画で説明しておりましたが、ご主人さまには初めての説明。細かく説明をしようとしたところ、資料をある程度見て理解していただけたようなので簡易的に説明しました。今回は説明しなければいけないことも多く、こちらからお伝えしたいことも多かったので助かりました。

ほとんど簡易的な口頭説明になってしまったものの、すぐに話の意図を汲んでいただけたので「弊社がなぜいいのか」というアピールや、「内見方法をどのように行うか」についてもお伝えすることが出来たと思います。簡潔に分かりやすく伝えること、細かく丁寧に伝えることはどちらも対応を出来るようにしていきたいと感じました。すぐに依頼とまではなりませんでしたが、検討していただけるとのことでした。こちらもすぐにご対応出来るよう準備を進めていきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.09.25

室内が気になりすぎる物件査定
新井 健史郎

2023.03.20

自社物件の写真撮影
新井 健史郎

2023.10.15

宅建士として
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.