JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

相談してもらえるように考える

  • 2023.10.28
  • 新井 健史郎

一括査定の対応

今日は事務所でこれまで反響のあったお客様へ連絡を行いました。一括査定で反響があり、連絡に出ていただけた方にはメールを、連絡がつかない方は整理をおこないます。電話に出た方は自宅の査定金額について興味がある方なのでメールで動画を送る流れとなります。だいたいの方は繋がらずでしたので、繋がった方に対して査定動画を送りました。

物件も過去に扱ったことがある物件でしたので、査定金額には特に自信がありました。物件の販売状況を調べると、リノベーション物件が4件売りに出ている状況。売主さまからするとライバル物件が多いですが、その分金額もご自身で検討出来る材料が多いと感じました。室内のご状況はわからなかったので、室内がこのような状況だとこれぐらいとコメントも添えることに。ひとまずお送りして反応を待ちます。

折り返しがありました

連絡した中から折り返しご連絡を頂けた方がいました。過去に連絡した際に番号を登録してくれていたようで現在の状況を教えてくれました。一括査定の場合はほとんど反応がないのでご連絡をいただけるだけでも動いたかいがありました。1ヶ月前にお話ししてから連絡がつかない状況でしたが、その間の出来事を教えていただけました。話をお伺いすると別件で立て込んでしまっているようで、とても今は動けなそうな状況でした。

15分ほどお話しして、また年末ぐらいに動きがありそうとのことでしたのでまた時期を見たいと思います。売却の場合はこのようなお客さまに対しての定期的なアプローチが大事で、これまで出来ていない課題にもなっているので、相談したいと思ってもらえるように動きます。話をした中で自分でも調べられそうなヒントがいくつかありましたので、アドバイスをおこなっていきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.07.10

同業者さまから学ぶことは多い
新井 健史郎

2023.01.15

市場調査とお客様の覚悟
新井 健史郎

2023.01.28

「査定は客観的に」
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.