JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

内見予定が確定するまでの出来事

  • 2023.11.10
  • 嶋村 友章

週末の内見依頼

マンションを探している3人のお客様から週末の内見を依頼された物件について、不動産会社に連絡をし予定を固めていきました。
その中の1人のM様は、内見候補のうち一番見たい物件が2週間前から情報が出ていたのですが、売主さんのスケジュール調整がなかなかつかず、ようやく今週見ることができる運びとなりました。
空室の物件であればスケジュールの調整はつきやすいですが、所有者様が居住中だと直前まで見ることができるかどうかも分からないこともままありヤキモキしてしまいます。

お客様が1番興味ある物件の内見が決まったことで、当日に見る他の物件の予定も決まりました。
お客さまから候補日を聞いては、調整できずの繰り返しになっていた為、本日の予定が確定した報告に喜んでいただけたことがLINEの絵文字から伝わってきて私も嬉しくなりました。
当日はお客様から聞かれたことに全て対応できるよう、準備の方をしっかりと行いたいと思います。

一方的視点だと分からないこと

R様は内見したい物件の情報が出たばかりで、午前中に確認したところ、内見できるとのことでしたが、夕方に依頼の連絡をすると契約予定とのことで見ることができませんでした。
一度、期待してしまっていたのでその反動でとても残念でした。
お客さまにも進捗を報告していたので、私同様にがっかりしていたので心が痛みました。

私は現在、仲介するのは購入を検討しているお客様のみの対応してしておりませんが、今後は物件の仕入れに注力します。
逆に売主という立場になり、物件を見に来てもらう側になります。
弊社の場合は都度案内ではなく、内覧会方式を取っており決まった日にちしか見ることができませんが、興味があるお客様は意外とスケジュールの調整をして来場していただけます。
売る側と買う側のどちらの気持ちも分かるので、購入の仲介をするにあたっては、お客様が欲しいと思った物件が購入できる確率を上げるために、全力で動きたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.03.12

最近、運命と感じた事はありますか
嶋村 友章

2024.03.05

どうすれば買取ができるか
嶋村 友章

2023.07.22

営業にかける時間を増やす策
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.