JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

数字の明確化

  • 2024.01.18
  • 新井 健史郎

営業ミーティング

今日は弊社のコンサルをしていただいている方に来社いただき、各営業がどのようなことへ取り組んでいるのかを確認したり、今後のどのように取り組むのかなどをミーティングしました。まずはミーティングのルールから説明がありました。誰かの意見に対して否定的にならないこと、それぞれが発言をしないといけないなどのお話が最初にありました。

そこからは各自が先週から今日にかけて取り組んでいたことを確認しました。まず出来たのか、そして取り組んだ結果を報告しました。状況を確認したら、今度は次の1週間何をするかについて話し合いました。自分自身もエリアの変更や、電話の件数、訪問にお伺いする件数など具体的な数字が入りました。出来ませんでしたでは恥ずかしいので、時間を作って動いていきます。

明確にしてみた結果

ミーティングの前に芳賀から、自分の目標数字について記載した表の説明を受けました。それは目標に対しての現状、読めている数字、何でどのくらい利益を作っていくかについてまとめたものでした。もちろん空欄の部分はあるものの、どのくらいの利益が出せる案件を何件やれば良いのかなどが明確に記されていました。確かにわかりやすいと感じたので、自分でも作成してみました。

現実的に出来そうな数字を落とし込んでいったのですが、なかなか厳しく感じました。自分の見込みと、販売している物件などから考えて入力しましたが、1月から3月は販売物件がなく数字が厳しい状況でしたので、どうしても後半の負担が大きくなってしまいます。暫定の数字と物件を入力しましたが、どれも良くも悪くもなり得てしまいます。こちらを120%ぐらいで設定しておけば、少し予想を下回ったとしても達成出来そうだと思いました。まだまだ足りないことがわかったり、自分の今ある案件も明確に見えたので引き続き意識しながら取り組みます。

一覧に戻る
関連記事

2024.05.26

勘違い査定は危険
新井 健史郎

2023.11.08

経験済みの内容でした
新井 健史郎

2023.01.28

「査定は客観的に」
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.