JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

お客様が煩わしい事を代行サービス

  • 2024.02.02
  • 嶋村 友章

覚えていてもらう事が嬉しい

お客さまの決済がありました。決済場所は御徒町なので、事務所からも近く歩いても行けてしまう距離です。電車を降りると、ちょうどお客さまから電話があり銀行前で待っているとの連絡がありました。少なくとも10分前には銀行についておりましたが、銀行のブースに通されると既に売主さまと司法書士の先生がいらっしゃいました。皆さん、とても着くのが早くて驚きました。

早速、司法書士の先生が、売主さまと買主さまの登記に必要な書類を確認します。買主さまが外国の方なので、司法書士の先生の説明も丁寧に説明して下さっているのがわかりました。融資の実行にあたり、今回の銀行では振込伝票での依頼ではなく、お客さま自身がATMにて振込の操作を行います。振込から戻ってきたお客さまと、振込手続きの完了を待っている間、雑談が始まりました。前回の契約の際に買主さまが話した身の上話の内容を、事細かに覚えていらした売主さまの記憶力が凄いと思いました。

煩わしい事を代わりに

振込手続きの完了後は、5分ほどで売主様の口座に着金の確認が取れました。開始から1時間ほど経ち、本来であればここで決済は終わりですが、前回の金消契約で行なったローンの条件の定期積立の手続きが上手くいっていなかったそうで、再度銀行のアプリから手続きをしました。前回はこの手続きに時間がかかりましたが、一連の流れを見ていたので今回は早かったです。私がお客さまのスマホをお借りして代わりに操作をし、5分ほどで終えることができました。

銀行の手続きは終了しましたが、そのままブースをお借りして今後行われるリフォームについての説明と、ライフラインの手続きを行いました。ライフラインの手続きも、漢字を読む事が不自由なお客さまの代わりに行うと、とても喜んでいただけました。気がつくと時間は2時間以上経っておりましたが、お客さまが面倒だと感じることを後に残さずに済んだので良かったと思います。

一覧に戻る
関連記事

2024.02.12

何ができるかを考えることが営業
嶋村 友章

2023.06.10

顧問税理士の体験談を聞く
嶋村 友章

2024.01.22

お客様にとって理想の物件とは何か
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.