JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

やらかしてしまった話

  • 2023.03.27
  • 嶋村 友章

仕入れ物件において…

私の仕事内容は、居住用物件(マンション、土地)の仕入れ・売買の仲介・投資用物件と色々あります。その中の一つが、マンションを自社で購入してリノベーションという付加価値をつけて販売する事です。本日は仕入れでやらかしてしまった話です。遡ること一週間前、仲良くしてもらっている仕入れメインの業者さんから、ある物件の紹介をしてもらいました。その業者さんは、仕入れという自分と同じ仕事をしているので、本来ライバル関係ではありますが、そのマンションの部屋の面積が狭く、会社のルールで買うことができないので他社で決まる位なら嶋村さんに、というありがたいお話でした。

内容を聞くと、場所は都内でも指折りの高級住宅エリア、取引事例から見て金額も安いので十分、利益の取れそうな金額でした。反対にネックは、総戸数の少なさと1階の部屋という点です。過去に自社でやったことのないエリアということもあり、価格の安さとネックを天秤にかけ120%の自信がイマイチ持てませんでした。

逃した獲物は大きい

代表の芳賀に物件の相談をしましたが、中途半端な自分のプレゼンを見抜かれ乗り気ではなかったので、そこから思考停止になってしまいました。一昨日、物件の詳細資料をもらい、今日になって改めて気になり、業者さんに確認したところ、もう既に買い手が決まり二週間後に決済するとのことでした。今、思えば芳賀にプレゼンする為の行動量が足りてないことは明白で、どうすれば芳賀が動いてくれるかも知っているのにやってなかった自分が悔やまれます。

うまくいけば、通常よりも利益率が高く販売できたかもしれません。その利益だけでも500万です。長年、仕事を一緒にしている芳賀は私の尻の叩き方を熟知しています。他社で決まってしまった報告を芳賀にした後の言葉で、更に自責の念に駆られました。芳賀からの言葉がなければ、そこまで悔しいとも思わずに、ただ過ぎ去っていたと思います。しかし、同じ過ちは二度としません。次のチャンスは必ず決めます。

一覧に戻る
関連記事

2024.02.03

今後の方向性
嶋村 友章

2023.09.18

ポータルサイトの対応について考える
嶋村 友章

2023.12.20

年末のTwin交流会に向けて
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.